テキサスのビットコインマイナーは、熱波の中で運営を縮小しています

テキサスBitcoin(BTC)マイナーは、熱波とそれに続く電力価格の急上昇により、州の電力網が圧迫されたことを受けて、運用を停止しました。

地域の暗号通貨マイナーおよび電力網管理者であるテキサス電力信頼性評議会(Ercot)は、マイニング運用の一時停止を確認したと、Bloombergの報告によると述べています。

テキサスブロックチェーン評議会のスポークスパーソンは、「価格が高騰し、Ercotの市民全員、Bitcoinマイナーだけでなく、利用可能なインセンティブプログラムの性質が大規模な柔軟な負荷のオフにつながった」と述べました。

報告書によると、テキサスは先週、需要が引き続き上昇し、利用可能な供給が減少したため、ほぼ電力危機に陥ったとされています。一時的に、予備の電力供給は全体の容量のわずか2%にまで縮小しました。

「ほとんどの暗号サイトは、ほとんどすべての負荷を削減したようです」とErcotの報道官クリスティ・ペンダーズは述べました。

テキサスでのマイニング運用の一時停止は、州が過去2週間にわたって受けている厳しい熱波に直面している時期と重なっており、これは電力網に前例のない圧力をかけています。

APからの最近の報告によると、テキサスの電力網は現在「天候監視」状態にあり、住民に電力使用を削減するよう要請していませんが、将来的には必要になる可能性があると示唆しています。

テキサスの電力網管理に対する批判にもかかわらず、専門家は今年の夏には停電の可能性は低く、冬の方が大きなリスクをもたらすと考えています。

ただし、テキサスの一部地域では110度(摂氏43度)を超える高温が記録されており、エアコンは最大限に稼働しており、公式は住宅所有者に電力消費に注意するよう忠告しています。

テキサスの首都であるオースティンに500,000人以上の顧客を抱えるオースティンエネルギーの暫定総支配人スチュアート・リリーは、「エネルギーを節約するためにできることをお願いします」と述べています。

価格の下落により、世界中の仮想通貨マイナーが苦戦

世界中のマイナーは、Bitcoinの価格急落に加え、高い電力コストに苦しんでいることに留意する価値があります。

昨年12月、計算能力において最大の公開BitcoinマイナーであるCore Scientificが破産を申請しました。

当時、同社は破産の原因を、破産した仮想通貨貸付会社であるCelsius Networkからの700万ドルの未払い債務、暗号通貨価格の低下、およびマイニングのエネルギーコストの上昇に帰因していました。

Core Scientific以外にも、他の仮想通貨マイニング企業も市場の低迷に苦しんでいます。

Argo BlockchainIris Energy、およびGreenidge Generationは、財務上の問題に直面している注目すべきBitcoinマイニング企業の一部です。

仮想通貨マイニング業界へのさらなる打撃として、ベネズエラは仮想通貨マイニングの停止が3ヶ月目に近づく中、より多くのマイナーが自分の機器を売却し、永久に閉鎖せざるを得なくなっています。