テザーのエルサルバドルにおける戦略:なぜVolcano Energyに投資するのか?

ステーブルコイン発行会社のテザーは、中央アメリカのエルサルバドルでのビットコイン(BTC)の普及を促進するため、戦力を投入して同国の10億ドルの再生可能エネルギープロジェクトに投資しました。

テザー(USDT)発行者は、エルサルバドルの再生可能エネルギー発電プロジェクトに投資する少数の企業の1つです。Volcano Energyは、エルサルバドルで太陽光や風力エネルギーから電力を生成し、将来的に同国でのビットコイン採掘作業に電力を供給する予定です。

計画されている241メガワット(MW)の再生可能エネルギーパークは、2021年に同国がBTCを法定通貨にした後のエルサルバドルのビットコインの採用促進策の最新の動きです。

コクーは、アムステルダムで開催されたMoney 20/20でテザーの最高技術責任者であるパオロ・アルドイーノ氏に会いました。アルドイーノ氏は、Bitfinex PayとLightning Networkをプロモートする有名な金融・支払いのコンベンションに参加しており、Tether、Bitfinex、そして広い仮想通貨の世界に関するいくつかのトピックについて深入りしました。

インタビューの2日前、テザーはVolcano Energyに投資することを発表し、エネルギー生産に露出し、将来的にビットコイン採掘農場を動かすための施設を活用することを計画していることを明らかにしました。

アルドイーノ氏は、エルサルバドルが主権的なBTCの採用のための道を切り拓いていると強調し、同国でのBTCの支払いオプションとしての採用が比較的遅いことにもかかわらず、広範なBTCの使用と採用には時間がかかると主張しています。

「国民全体がビットコインを使用することを期待するのは非常に不公平です。まず第一に、それは強制されていないからです。採用は、納税者のお金ではなく、民間企業や公共投資を通じて行われます。」

同社のエネルギー生産プログラムへの投資は、2つの戦略の一部です。まず第一に、エネルギー生産のインフラへの投資は、自己の価値を持ち、その後ビットコイン採掘作業に電力を供給するために利用できます。

関連記事:USDT発行会社のTetherは、CTOによると17億ドル以上の余剰準備を持っています

アルドイーノ氏はまた、ビットコイン採掘の環境への影響や、業界に対する批判に対して反論しました。

「まず第一に、ビットコインの採掘の大部分はすでに再生可能エネルギーを利用しています。さらに、ビットコイン採掘は主に余剰エネルギーを利用しています。それに先立って、エネルギー生産を行うことが必要です。」

アルドイーノ氏は、12の投資家グループと共に、ビットコイン採掘だけでなく、企業や家庭も利用できるエネルギー生産施設を建設するとし、Volcano Energyの余剰エネルギーは、エルサルバドルを「独自のストーリーを持つユニコーン」にするために使用されます。

関連記事:雑誌:ビットコインは「ネット・ゼロ」の約束と衝突する道を進んでいる