「フランス、シンガポールとスイスとの間でCBDCのクロスボーダーペイメントをテスト」

Testing cross-border payments of CBDC between France, Singapore, and Switzerland.

フランス、スイス、シンガポールの中央銀行は、国際決済銀行(BIS)と共同で中央銀行デジタル通貨(CBDC)を用いた国境を越えた支払いの共同テストを実施しました。9月28日(木曜日)、フランスの中央銀行であるフランス国立銀行は報告書を発行しました。

CBDCによる支払い

マリアナプロジェクトは、フランス国立銀行、シンガポール金融庁、スイス国立銀行と国際決済銀行(BIS)の共同研究による試験を実施しました。これらの試験は、ユーロ、シンガポールドル、スイスフランで表される仮想のCBDCの国境を越えた取引と清算をテストすることを目的としています。また、これらのシミュレーションには金融機関が関与し、パブリックブロックチェーン上で分散型金融(DeFi)技術の概念を活用しました。

この革新的なコンセプトは、パブリックブロックチェーン上の標準化されたトークン形式と、異なるネットワーク間でのシームレスなCBDCの転送を容易にするブリッジメカニズムに基づいています。また、スポット外国為替取引の自動実行を行う特定のタイプの分散型取引所も備えています。

報道資料によれば、参加者はこの実験を成功とみなしましたが、追加の研究と実験が必要であると認識しています。ただし、報道資料はプロジェクトマリアナの実験的な性質についても予約をしており、次のように述べています:

「マリアナプロジェクトは純粋に実験的なものであり、いかなるパートナー中央銀行もCBDCの発行を意図しているわけではなく、DeFiや特定の技術的な解決策を支持しているわけではありません。」

マリアナプロジェクトの公開前日、国際決済銀行(BIS)の総裁であるアグスティン・カルステンス氏は、中央銀行がCBDCを発行する権限を持たない国々において、国内の法的枠組みを明確にすることの重要性を強調しました。

BISは引き続き国境を越えたCBDCに関して主導的な提唱者であり、世界中でいくつかのパイロットテストを監督しています。9月には香港とイスラエルの中央銀行がプロジェクトセラの成果を公表し、香港金融管理局のCEOである余伯洋氏は、既に中国、タイ、アラブ首長国連邦の中央銀行を含むプロジェクトmBridgeの拡大を発表しました。

今月初め、11,500以上の金融機関をグローバルに結ぶ広く利用されている銀行メッセージングプラットフォームであるSWIFTは、CBDCの相互運用性イニシアチブのベータフェーズに参加している3つの銀行を発表しました。