テラのド・クォン氏、「中国人名の機関」を「偽造パスポート」の責任者と非難

テラフォームラブスの創業者兼CEOであるド・クォン氏は、モンテネグロの裁判所で、「偽造された」旅行書類を持って国外に出ようとしたとされることを知らなかったと主張し、「中国系のエージェンシー」を非難しました。

韓国の報道機関であるセゲ・イルボとMBNによると、クォン氏は、モンテネグロのポドゴリツァ地区裁判所で、コスタリカパスポートを含む偽造旅行書類すべてを「エージェンシー」から受け取ったと証言しました。

クォン氏は次のように述べています。

「私は友人から勧められたシンガポールのエージェンシーに必要な書類を記入した後、コスタリカパスポートを受け取りました。私は別のエージェンシーからベルギーパスポートを受け取りました。」

クォン氏は、「信頼できる友人に勧められたため」エージェンシーを「信頼していた」と主張しました。

しかし、裁判官に尋問された際、クォン氏はエージェンシーの名前を明らかにせず、CEOは「中国の名前」を持つエージェンシーだと主張しましたが、正確には何と呼ばれていたかは「正確には覚えていない」と述べました。

裁判所の出現に伴い、LUNCの価格は比較的安定していました。

クォン氏は、元最高財務責任者のハン・チョンジュン氏とともに、UAE行きの飛行機に乗ろうとしていたとして、5月に逮捕されました。

クォン氏とハン氏は、偽造書類を使っての旅行を疑われており、両氏ともこれを否定しています。

しかし、両氏は韓国の詐欺容疑で指名手配中です。

ド・クォン氏:エージェンシーがパスポート問題の原因

クォン氏は、テラエコシステムコインが約1年前に崩壊する直前に韓国のビジネスを閉鎖し、国を逃亡したと思われます。

最近の裁判出席中、クォン氏はまた、ハン氏の「無罪」を主張し、次のように裁判所に尋ねました。

「偽造パスポートを使った罪で誰かが罰せられなければならないなら、私だけであればいい。」

クォン氏は2回保釈を申請していますが、韓国、米国、シンガポールの検察官は彼を引き渡して起訴するよう求めています。

しかし、モンテネグロと韓国は引き渡し条約に署名していないため、クォン氏を強制送還することは困難になる可能性があります。

今月初め、高等裁判所の代表者は報道陣に次のように語りました。

「高等裁判所の判事が、韓国の要請による引き渡し事件の開始後、6か月間拘留するよう命じました。」