Terraform Labsの共同創設者が法的手続きに直面しています:裁判の準備が進行中です

Terraform Labsの共同創設者が法的手続きに直面しています

出典:Cryptonews

新(しん)ヒョンソン(Daniel Shin)としても知られるシン・ヒョンソンに対して、Terra(LUNA)トークンの売却からの不正利益の疑いに関する法的手続きが開始されました。

Terraform Labsの共同創設者であるダニエル・シンは、TerraとLunaの仮想通貨の崩壊に関連して、韓国で2021年4月25日に起訴されました。シンは、2018年に共同創設者のド・クォンと共にTerraform Labsを設立しました。

同社はその後、同年にLunaの仮想通貨を導入し、2020年にはアルゴリズムに基づいたステーブルコインのTerraと連動させ、米ドルの価値にペッグを維持しました。

昨年9月、韓国当局はド・クォンに対して逮捕状を発行し、米国証券取引委員会(SEC)は2月に彼に対して証券詐欺の訴訟を起こしました。

クォンは数か月にわたって法執行機関から逃れた後、3月にモンテネグロで逮捕されました。彼は現在、ドバイへの渡航を試みるためにパスポートを偽造するなどの容疑でモンテネグロでも追加の告発を受けています。

クォンは5月11日に裁判にかけられ、米国と韓国への引き渡しの可能性があります。

Terraの崩壊により、2022年5月には仮想通貨市場が大暴落しました。

プラットフォームのアルゴリズムに基づくステーブルコインであるUSTCが米ドルからペッグを外れたことを受けて、当局はクォンとシンのいかなる不正取引への関与も調査し始めました。

ソウル南部地方法廷は、News1 Koreaの報道によると、新ヒョンソンと7人の共犯者に対する裁判準備の聴聞会を2022年7月10日に行いました。

ソウル南部地方法廷刑事合意14部は、チーフジャッジの張成勲の指導の下、裁判の準備を監督します。

最初に予定されていた裁判は、チーフジャッジの公正性に関する懸念から5月26日に延期されました。

この論争の原因は、現在のチーフジャッジであるA氏が2010年に中央日報の記者として勤務していた時に行われたインタビューに起因しています。その記事は、元CEOのシンがTicket Monsterの立ち上げに関与していたことを強調しています。

検察側の主張によれば、シンと彼の関係者は、Terraプロジェクトの真の可能性を意図的に誤って表現しました。

彼らは操作された取引と虚偽の情報の拡散を通じて、投資家をプロジェクトの持続可能性に信じ込ませたとされています。

さらに、昨年5月のLunaコインの暴落前に彼らが戦略的にコインを売却したと主張されています。

この行動により、約4629億ウォンの不公正な利益が生じ、総額3769億ウォンが横領されたとされています。

シンはまた、2020年から翌年にかけて約1221億ウォンの不正な利益を投資家から得たという告発も受けています。

彼はブロックチェーン技術を通じて割引資金を確保し、コストを削減するというビジネスモデルを提示することで、投資家を欺いたとされています。

ただし、地元メディアによると、ダニエル・シンは初公判に本人が出廷しなかったと報じられています。彼の弁護士は裁判準備のために追加の時間を要請し、2回目の裁判準備日が8月28日に設定されました。