テラ・ルナの共同創業者であるDo Kwon氏のモンテネグロにおける政治的つながりが調査中

テラ・ルナ(LUNA)の共同創設者であるDo Kwonが、今度はモンテネグロの政治エリートとの関係を調査することで再び話題になっています。このニュースは、モンテネグロの政治家であるDritan Abazovicが、政党やNGOと協力して特別国家検察にDo Kwonがモンテネグロにおいて政治的な関係を持っているかどうかを調査するよう依頼したことに続いて報じられたものです。

特別国家検察がDo KwonとEurope Now党首の関係を調査する

具体的には、特別国家検察は、KwonがEurope Now政党の党首であるMilojko Spajicとビジネス取引をしていたという主張が真実かどうかを調査することになります。

このニュースは、6月5日に報じられたメディア報道に続くもので、その時点での情報源は明らかにされていませんでした。その報道によれば、Do Kwonが自ら手書きした手紙をAbazovic、前司法大臣のMarko Kovac、特別国家検察に送ったとされています。手紙には、Do KwonがSpajicと5年間友人であり、セルビアの首都ベオグラードで何度か会ったこと、さらにテラの幹部からEurope Now政党に寄付があったことが記されています。

この出来事は、Do Kwonにかかわる犯罪事件とモンテネグロの指導層での役割を考えると懸念されます。なお、Europe Nowは最近結成された政党ですが、予備選挙での上位に立つことができるという世論調査があり、注目されています。この憶測が現実になった場合、Spajicが次期モンテネグロの首相になる可能性があります。

モンテネグロは詐欺師の温床になってはならない

前政府の司法大臣であるAbazovicは、この手紙を受け取り、検察に通報したことを確認し、「Do KwonがSpajicと接触していたことはモンテネグロにとって良くないことです。なぜなら、この男は米国と韓国当局から追われているからです…私たちは、ブロックチェーンやその他の技術を使っていようとも、世界の詐欺師の温床にはなってはなりません。」と述べました。

Abazovicのほか、セルビア寄りのFor the Future of Montenegro政党の指導者であるMilan Knezevicもこの事件を検察に調査するよう求めています。Knezevicは、Do Kwonが2022年のEurope Nowの政治集会や次期政府の形成に向けて4月に行われた集会にスポンサーとして関与したかどうかを調べたいと考えています。もしそれが真実であれば、選挙ルールにより、Spajicと彼の同志たちの可能性が低下することになります。

Knezevicはメディアに対し、「検察官はこの手紙について公開しなければならない。選挙プロセスに深刻な疑問が投げかけられており、このようなスキャンダルなしで選挙を終えることができるようにしたい。」と語りました。

しかし、Spajicはこれらの主張を否定し、Do Kwonを当局に通報したと述べています。「Do Kwonは何百万人もの人々、私の友人、そして私がこのプロジェクトに投資した企業をだまし取った詐欺師です。これが私たちが当局に通報したことに特別な満足感を持っている理由です。」と語りました。

一方、Abazovicは、Spajicが嘘をついていると主張し、Europe Now政党の党首がモンテネグロに滞在している韓国人の存在について内務省に報告したことはなかったと述べました。

Spajicはモンテネグロでの暗号通貨開発を提唱していた

Spajicは、モンテネグロの財務大臣としての任期中に暗号通貨やブロックチェーン産業の発展を推進しました。そのため、Ethereum(ETH)の共同創設者であるButerinも、ロシアとカナダに加え、モンテネグロ人として自身の国籍リストに追加することになりました。

ButerinとSpajicの関係は、モンテネグロの海岸リゾートであるLustica Bayで5月15日に開催された暗号通貨カンファレンスで進展しました。カンファレンスのテーマは「モンテネグロはブロックチェーン産業の中心になるべきである」というものでした。

Do Kwonは、韓国当局に追われた後、数ヶ月後にモンテネグロの首都ポドゴリツァで、モバイル決済プロバイダーChaiの高級幹部であるHan Chang-Joonとともに偽の文書を持って旅行しようとしていたところを逮捕されました。なお、Do Kwonの数十億ドル規模の暗号通貨帝国が崩壊した後、韓国当局が彼を追跡していたことは数多く報じられていました。

モンテネグロでの逮捕以来、韓国とアメリカは彼の引き渡しを求め、現地での起訴を目指しています。両国は、彼がモンテネグロでの裁判後、刑事訴追に直面することを望んでいます。事件の最新情報は6月2日に報告され、Podgoricaの基礎裁判所が、Do KwonとHan Chang-Joonを保釈金400,000ユーロで釈放することを決定しました。これは、彼らの法的代理人が裁判が終了するまで彼らの世話をし、彼らに責任を持つことを条件としています。