テラ・アライズのシックス・サムライ・チームは、エコシステムの復活を目指しています

テラクラシック(LUNC)における流動性ステーキングデリバティブの共同ガバナンス提案の後、次の四半期のための専用チームの形成を提案する新しい提案が浮上しました。このチームは6人のシニアフルスタックエンジニアで構成される専門チームで、 テラアライズのシニアフルスタックエンジニアリングチームは、「Six Samurai」として知られています。このチームは、LUNC保持者としての強い情熱を強調し、 生態系の真の復興を実現するために自己の努力と専門知識を捧げることを誓います。

テラはもともと複数の部分から成る生態系でしたが、2022年にTerraUSD(UST)ステーブルコインとLUNA資産が壊滅的な打撃を受け、プロジェクトに大きな変化をもたらしました。現在、テラはTerra 2.0と呼ばれる新しいブロックチェーンと、LUNAと呼ばれる新しいアセットを持っていますが、ほとんどの人々はこれをTerra(LUNA2)と呼んでいます。

2022年5月、新しいチェーンのジェネシスブロックが立ち上がり、将来の取引を行うために、元のTerraチェーンはTerra Classicとして再ブランド化されました。

チームは、2023年第3四半期の詳細な計画を提示し、116,000ドルの予算を提案しています。ロードマップには、Columbus-5からColumbus-6への移行や最新のCosmos SDKへのアップグレードなど、重要なマイルストーンが含まれています。

さらに、彼らのロードマップには、KeplrのWebインターフェース、解析ビジュアライゼーションのためのWebツールであるMintscan、および暗号通貨取引所および顧客向けのCosmosブロックエクスプローラーであるMintscanの上場を追求することが含まれています。

関連記事: SEC argues against Dentons’ motion to dismiss Terraform and Do Kwon’s lawsuit

提案では、チームは真の生態系の復興を実現するために必要な努力を行う準備ができており、LUNCを開発するための権限を確保する他のチームと協力調整する意欲を強調しています。その結果、LUNCコミュニティは、提案に賛成票を投じる傾向にあるという肯定的な反応を示しています。

CoinMarketCapのデータによると、LUNCは過去24時間で1.65%下落しました。現在、75位を占め、ライブ市場時価総額は5億3752万3209ドルです。LUNCコインの流通供給量は5,822,833,985,154で、最大供給量は未定です。

雑誌: ‘Terra hit us incredibly hard’: Sunny Aggarwal of Osmosis Labs