テンセントとアントグループ、中国でのモバイル決済を外国人にも開放

外国人は、支払い大手のテンセントとアントグループが国際クレジットカードを直接プラットフォームにリンクできると発表したため、中国で簡単に商品やサービスを支払うことができるようになりました。したがって、観光客はテンセントのWeChat PayとアントグループのAlipayを介して支払いを行うことができます。数年にわたり、中国の支払いシステムはクレジットカードを使用しないようになっており、これは外国人の訪問者に影響を与えてきました。中国全体が現金社会からデジタルおよびモバイル決済に重点を置いたキャッシュレス社会に移行しました。

2010年代後半に中国でモバイルアプリが主要な支払い手段となって以来、モバイル決済ネットワークは外国人観光客には利用できなくなりました。したがって、中国以外の居住者は多くの店舗やレストランで支払いをすることが困難になっています。これらの店舗のほとんどは、クレジットカードや現金ではなく、モバイル決済を選択しています。その結果、中国に滞在する多くの外国人は、テンセントとアントグループが所有する主要なモバイル決済ネットワークにアクセスするために中国で銀行口座を開設することを余儀なくされています。

テンセントとアントグループ、中国に滞在する外国人が国際クレジットカードを支払いに使用できるようにする

テンセント・ホールディングスは、7月からWeChatの海外ユーザーがVisa発行のクレジットカードをWeChatアプリにリンクできるようになると発表しました。一方、金融サービス会社のマスターカード(NYSE:MA)も先週同様の発表をしました。同社は、カード会員がクレジットカードやデビットカードをAlipayデジタルウォレットに追加できると述べています。テンセントとアントグループとの最新の進展の前、中国企業は2019年にVisaとMastercardと提携し、彼らのプラットフォームで外国のカードを使用できるようにしました。

関係者によると、これらの取り組みは、中国が世界的な健康危機の間に国境を閉鎖し、国内への国際訪問が後退したため、逆転したと述べています。今年、東アジアの政府が外国人を受け入れるために国境を再開するにつれて、計画は徐々に形に戻っています。

特筆すべきは、2019年のパートナーシップは一部の海外ユーザーや選ばれた事業にのみアクセス可能であったことです。当時、香港、マカオ、および他の国々からの観光客は、新型コロナウイルスパンデミックの直前に中国本土で1,310億ドルを費やしました。2022年12月の記録によれば、中国のオンライン決済利用者数は9億1100万人を超えています。

最新の発表によれば、テンセントとアントは中国のさまざまなベンダーでの支払いを許可することで、その範囲を拡大しています。テンセントは以下のようにコメントしています:

「私たちが支払いサービスを訪問者にさらに開放する取り組みは、今年中国での旅行と観光の完全な再開、および予定されている主要な国際イベントと重なります。」

中国の支払いシステムに大きな影響を受ける外国人だけでなく、テクノロジーに疎い高齢者の人口も排除されています。