Telegram(テレグラム)のCEOであるパベル・ドゥロフ氏が、10,000のプレミアムサブスクリプションのプレゼント企画を開始しました

Telegram(テレグラム)のCEOであるパベル・ドゥロフ氏が、10,000人にプレミアムサブスクリプションをプレゼントするキャンペーンを開始しました

パヴェル・ドゥロフ、クロスプラットフォームの即時メッセージングサービスのCEOは、アプリ内の新機能を祝うために10,000のプレミアムサブスクリプションのプレゼントを発表しました。Telegramアプリは公式に、”チャネル内のプレゼント”という新機能を含むいくつかの新しい機能を導入しました。この機能により、チャネルのオーナーは忠実なフォロワーに対してプレゼントを提供することが可能になります。

ドゥロフ氏は、Telegram上のすべてのチャネルが今や「公正なプレゼント」を開催できるようになったと述べました。彼は以前のソーシャルメディア上のプレゼントの問題は、その多くが詐欺であると指摘しました。CEOは、多くの場合には、優勝者が公正に選ばれたことを確認することが不可能であったと述べています。Telegramの新機能により、このアプリは「保証されたランダム選択が可能なプレゼントを正式にサポートする最初のソーシャルメディアプラットフォーム」となります。プレゼントの機能には、予め購入された賞金も含まれています。

新機能のお祝いとして、ドゥロフ氏はToncoinで支払われる無料のTelegramプレミアムサブスクリプションを発表しました。彼は次のように書いています:「新機能を祝うために、10,000のTelegramプレミアムサブスクリプションのプレゼントを開催します。1週間後、私のチャネルの10,000人のランダムな購読者が6か月間のTelegramプレミアムサブスクリプションを受け取ります。このプレゼントには、私が仮想通貨取引所で購入した$200,000相当のToncoinを予め支払いました。」

この新機能により、ユーザーはプレゼントに参加し、公正に選ばれた優勝者となることを安心して受け取ることができます。各優勝者は、公にその勝利を確認するためのギフトコードを受け取ります。コードを通じてTelegramプレミアムにアクセスするだけでなく、ユーザーはチャネルオーナーによって導入された他のギフトにもアクセスすることができるかもしれません。優勝者はまた、その賞品を友人に譲渡することもできるかもしれません。

Telegramのプレゼント機能とブースト

チャネルオーナーにとっての利点は、プレゼントから得られるブーストです。これらのブーストによって、独自のカスタムカラーやストーリーなどのさまざまな機能にアクセスすることができるだけでなく、全体的な成長と可視性も向上します。また、チャネルオーナーはプレゼントの条件を完全に制御することができます。希望する優勝者の数、プレゼントの期間、および適格性の基準などを指定することができます。オーナーは、参加資格をすべての購読者に適用するか、新規購読者にアクセスを制限するかを含む他の条件も指定することができます。

参加者と優勝者の保護のために、チャネルオーナーは予め賞品として授与するプレミアムサブスクリプションの支払いを行わなければなりません。この支払いはTelegramアプリを使用して簡単に行うことができますが、主催者は@PremiumBotやFragmentを使用することもできます。これにより、何千ものサブスクリプションに対して大規模なプレゼントを実施することが可能となります。

さらに、ブーストはより多くの人々に利用可能になりました。Telegramプレミアムアカウントの所有者は、今では1回ではなく4回のブーストを受けることができます。ユーザーは好きなチャネルでこれらのブーストを共有することが自由です。

さらに、誰かにプレミアムサブスクリプションを贈ると、1つのブーストも受けることができます。興味深いことに、プレミアムをただただプレゼントするだけで、ギフター自身は3つのブーストを受け取ります。プレゼントのプレゼントを受け取るユーザーは、自動的に4つのブーストがチャネルのホストに転送されます。これはチャネルの成長に大きく貢献し、その可視性を高めるものとなります。

このニュースの中で、Toncoinの価格が上昇しています。現在の価格は約$2.45で、5.5%上昇しています。