「TelegramボットUnibotがUNIBOTトークンラリーで暗号トレーダーを惹きつける」

TelegramボットUnibotがUNIBOTトークンラリーで暗号トレーダーを惹きつける

最近の動向では、Telegramベースのトレーディングボットが多くの仮想通貨トレーダーを惹きつけています。これらのボットにより、ユーザーはメッセージングアプリでチャットするのと同じくらい簡単にトークンを取引することができます。トラフィックの大部分を牽引しているのは、今年の5月にローンチされたUnibotです。UnibotトレーディングボットはTelegramで大きな人気を博しており、先週だけでネイティブのUNIBOTトークンが54%以上上昇しました。Dune Analyticsのデータによると、チームはユーザーの成長にも着実な伸びを報告しています。

真に重要なメトリクスにおいての最高値。

Focused 🦄🤖 pic.twitter.com/89Ql49Qqni

— Unibot (@TeamUnibot) July 14, 2023

Telegramアプリの助けを借りて、Unibotユーザーは合計で5400万ドル相当のトークンを取引してきました。同時に、Unibotはユーザーに100万ドルの収益を分配しています。これらの報酬は、取引手数料の40%とUNIBOTの総取引量の1%を受け取るホルダーが保有するトークンの総数に比例しています。

これらの製品は、Uniswapのような非中央集権型取引所よりも使いやすいため、魅力的です。ユーザーはウォレットに繰り返しログインする必要はなく、トークン情報を再確認する必要もなく、成功した取引を確保するために高額な手数料を支払う必要もありません。

一部の人気のある仮想通貨トレーダーは、TelegramベースのUnibotを使用した意見を共有しています。人気のある仮想通貨トレーダー@blknoiz06は、「オンチェーンでの取引の主な問題は酷いUXですが、Unibotを使えば1つのTelegramコマンドで簡単にマーケットでの売買ができます」と述べています。他のトレーダー@0xKawzも以下のように説明しています:

「Telegramを介して直接取引することは、素早いスワップやスキャルピングには最適です。」

過去24時間で、Wagiebot (WAGIEBOT)、0xSniper (0XS)、Bridge (BRIDGE)、Bolt (BOLT)などの新しいトークンがUnibotと同様に成長し、最大で500%まで急騰しました。このニッチセクターの合計時価総額は現在1億ドル未満であり、成長が続く限り、より高い利益を生み出す可能性が示されています。

Telegramと暗号通貨ウォレット

Telegram Messengerは、TONブロックチェーンネットワークを介したWeb3プロトコルへの移行を検討しています。2023年3月に、Telegramは世界最大のステーブルコインであるTether (USDT) をウォレットボットに追加しました。Tether (USDT) をTelegramのボットマーケットプレイスに追加することで、ユーザーは市場の変動が増加する時にも暗号通貨市場を操作する能力が向上します。USDTのようなステーブルコインは、トレーダーにとって、荒れた市場状況下で利益を守るための避難所を提供します。

最近、TelegramのCEOパヴェル・ドゥロフは、メッセージングプラットフォームが成長と開発を促進するために2億7000万ドル相当の債券を発行したことを明らかにしました。ドゥロフ氏は、プラットフォームが継続的に拡大し、毎日約250万人の新規ユーザーを引きつけていると述べています。

さらに、CEOは自身が債券の25%に投資したことも明らかにし、Telegramの成長を支援するために重要な資金を提供しました。