メッセージングプラットフォームTelegramは、成長を資金調達するために2億7000万ドルの債券を発行しました

Telegram、2億7000万ドルの債券発行で成長を資金化

メッセージングプラットフォームのTelegramは、CEOのPavel Durovが火曜日に発表したところによれば、成長を資金調達するために今週、2億7000万ドルの債券を発行しました。

同プラットフォームはまだ利益を上げておらず、「大規模な成長」による経費増加があるとDurov氏は述べています。現在、1日あたり250万人の新規ユーザーを獲得し、今年初めには月間アクティブユーザーが8億人に達しました。

Durov氏は、「私自身も新しいTelegramの債券の4分の1を購入し、Telegramの成長に数千万ドルを投資しました。これは、過去10年間にTelegramの運営を維持するために数億ドルを費やしたことに加えてのことです」と述べています。

この代替メッセージングプラットフォームは、長年にわたり暗号通貨愛好家の間で人気があります。これは、同社が独自の暗号トークンであるGRAMを発行する試みを行っていたことにも一因があります。この試みは敗北とSECによる訴訟で終わりましたが、関連するスピンオフプロジェクトはToncoinという名前で継続されています。

Durov氏は、「代わりに家やジェットを購入するべきだという人もいましたが、私はTelegramとBitcoin、そしてToncoin以外の何も所有せずに仕事に集中することを選びました」と述べています。

この発表により、Toncoinは1%上昇しました。

訂正(7月18日15:57 UTC):債券は先週ではなく、今週発行されたことを訂正します。

編集:Nelson Wang