タウルスは、資産トークン化とカストディのためにPolygonブロックチェーンに展開されます

デジタルアセットインフラストラクチャプロバイダTaurusは、2021年6月2日にPolygonブロックチェーンとの完全統合を通じて、ヨーロッパでのトークン化の取り組みを強化することを発表しました。

この動きにより、同社のクライアントはデジタル証券を自動的に発行できるようになります。Taurusには、Arab Bank Switzerland、CACEIS Bank、Crédit Agricole、Credit Suisse、Deutsche Bank、Pictet、Swissquote、Vontobelなど、9か国にわたる25以上のクライアントがいるとされています。

Taurusの広報担当者は、Kocooに対して、債務、ファンド、構造化製品がトークン化の最も人気のある資産の一部であることを語りましたが、需要は地域の規制によって異なると述べました。Polygonを選んだ理由は、「Ethereumネットワークの恩恵を受けるための自然な選択肢」だったと続けました。

「現実の資産のトークン化は、アイデアの根本にある常識的なことです。課題は、それを可能にする十分に高度なインフラを構築することであり、常にその課題でした」と、Polygon LabsのグローバルインスティチューショナルキャピタルのグローバルヘッドであるColin Butlerは声明で述べています。

トークン化プロセスとは、有形または無形の何かをデジタルトークンに変換することを意味します。不動産、株式、芸術作品などの有形資産をトークン化することが可能です。Kocooが以前に報じたように、ポイントプログラムや投票権などの無形資産をトークン化することも可能です。

@0xpolygon @taurus_hqを使用して、銀行やブランドがどんなトークン化された資産を発行し、保管するかを可能にすることで、ヨーロッパのデジタルアセットインフラストラクチャリーダーであるTaurusがPolygonに完全に統合/自動化されました #onPolygon 詳細: https://t.co/U2tT0azjkG pic.twitter.com/urFCzXN8eg

— Polygon (Labs) (@0xPolygonLabs) June 2, 2023

アセットトークン化は、ヨーロッパ全域で従来の金融とWeb3ソリューションを融合させるトレンドの1つです。英国中央銀行は2月に副総裁のJon Cunliffe氏が発言したところによると、トークン化された資産が銀行のお金、非銀行のお金、中央銀行のお金とどのように相互作用するかを探求しています。Cunliffe氏は、近い将来、トークン化された取引が英国中央銀行のリアルタイム支払いシステムと同期できる可能性があるとも述べています。ドイツでは、銀行が機関投資家向けのトークン化関連製品やサービスを通じて、徐々にクリプトソリューションを採用し始めています。

Taurusは、2月にクレディ・スイスをリードとする6500万ドルのシリーズBファンドを確保し、Deutsche Bank、Pictet Group、Cedar Mundi Ventures、Arab Bank Switzerland、Investisなど、いくつかの機関投資家が参加しました。

当時、同社は、エンジニアリング人材の採用、セキュリティとコンプライアンス、およびヨーロッパ、アラブ首長国連邦、アメリカ、東南アジアでの営業拡大の成長戦略に資本を投入すると述べました。

雑誌: 暗号通貨税のベスト・ワースト・カントリー―プラス税金のヒント