台湾モバイル、地元の暗号通貨企業との潜在的な提携に開かれている

台湾の主要な通信企業の一つである台湾モバイル株式会社(TPE:3045)は、暗号通貨に特化した台湾企業との潜在的な提携機会に対するオープンマインドを表明しました。

Bloombergによると、同社はデジタル通貨に特化した台湾企業との様々な協議に参加していると報じられています。これには、フィンテックブロックチェーン企業であるXREXも含まれます。

関係者によると、これらの協議は、潜在的な提携機会を評価し、潜在的な投資を探索することを目的としています。ただし、決定はまだ下されておらず、情報筋によると、取引が成立するとは限らないとのことです。

XREXは、暗号通貨取引のための安全で効率的なプラットフォームを提供することで専門知識で知られるフィンテックおよびブロックチェーン企業です。台湾モバイルと暗号通貨に特化した企業との潜在的な提携の具体的な利益や目的は未公開です。

ただし、このような協力関係は相互的な利益を提供する可能性があります。暗号通貨企業との協力により、台湾モバイルはデジタル資産エコシステム内で新しいビジネスモデル、サービス、収益源を探索することができるようになるかもしれません。さらに、これらの協力関係により、ブロックチェーン技術を通信インフラに統合することがより簡単になり、効率性、セキュリティ、および顧客サービスを向上させることができます。

台湾モバイルとXREXの協議に関する問い合わせに対し、台湾モバイルは「どんな潜在的な機会にもオープンである」と述べました。ただし、同社はこの状況について詳細なコメントや追加情報を提供していません。

同様に、XREXの共同創設者であるWayne Huang氏は、自社が現在台湾モバイルと協議中かどうかについて明確に説明することを拒否しました。ただし、共同創設者は、通信企業のような確立された機関とXREXのようなブロックチェーン企業との間には重要なシナジーが存在すると強調しました。

Huang氏は、通信企業などの機関にはすでに適切な顧客確認(KYC)要件を通過した大規模なユーザーベースがあると指摘します。一方、XREXは、リソースとブロックチェーン技術およびサイバーセキュリティに関するドメインの専門知識を持ち込んでいます。

通信企業と暗号通貨企業の協力関係

特筆すべきは、台湾モバイルの決定は、従来のセクターが暗号通貨とブロックチェーン技術の可能性を活用しようとする関心の増大を示していることです。

暗号通貨の人気と使用の増加により、様々な産業の確立された企業がブロックチェーンおよび暗号通貨セクターでの協力関係や投資を求めるようになっています。暗号通貨企業との関与に意欲を示すことで、台湾モバイルはこの新興産業の中での革新と成長の可能性を認めています。

昨年、日本最大の携帯電話事業者であるNTTドコモが、アイルランド系アメリカのIT企業であるアクセンチュアとWeb3の実装に関するパートナーシップを発表したことが大きな動きでした。合意によると、NTTドコモは東アジアの企業のWeb3インフラストラクチャに最大で6000億円(40億ドル)を投資する予定です。

このイニシアチブは、日本最大の携帯電話通信事業者が既存の能力を活用してWeb3スペースを活用する計画の一部です。一方、日本はWeb3の白書を採用しており、これにより東アジアの国がグローバルな暗号通貨の発展の最前線に立つ可能性があります。