「台湾、規制強化に伴い仮想通貨ガイダンスを発行」

Taiwan issues virtual currency guidance in response to strengthened regulations.

台湾の金融監督機関は、業界の監視強化を目指して、暗号通貨発行者や企業へのガイドラインを公表しました。

3月に業界の監督を確認された金融監督委員会(FSC)は、ガイドラインが透明性の確保、健全な資産保管方法の確立、企業の内部統制と管理の強化によって顧客保護を強化することを目指していると述べています。

新たなガイドラインによれば、暗号通貨発行者はホワイトペーパーを公表し、取引所プラットフォームは仮想資産の上場と上場廃止に対する審査機構を設ける必要があります。その他の要件として、規制当局は企業はプラットフォーム資産と顧客資産を別々に保管するように求めています。海外企業は、顧客にサービスを提供する前に、企業法と反マネーロンダリング法に従い地元で登録しなければなりません。

2022年の市場崩壊を受けて、暗号通貨規制は世界的に強化されており、FTXの破産手続きにおける裁判所の書類により、顧客資金が企業資産と混同されていた可能性が明らかになったことで、顧客資産の保管方法に対する監視が追加されています。

金融監督委員会は、ガイドライン公表に関するプレスリリースによれば、欧州連合、日本、韓国などからの新しい暗号通貨規制を参考に自身の枠組みを強化しました。

業界および自己規制機関は、新たなガイドラインに基づいて基準を設定し、顧客保護をさらに強化する必要があると金融監督委員会は述べています。

編集:パリクシット・ミシュラによる編集。