スイスの銀行UBSは、イーサリアム上でトークン化されたマネーマーケットファンドを開始します

Swiss bank UBS to launch tokenized money market fund on Ethereum

スイスの主要な銀行UBSは、シンガポールの中央銀行が主導するイニシアティブである「Project Guardian」の一環として、可変資本会社(VCC)ファンドのトークン化版のライブパイロットを開始しました。

UBS Asset Managementはプレスリリースで、このファンドがブロックチェーンに異なる種類の実世界資産(RWA)をもたらすために設計されたVCCの傘下にあることを発表しました。シンガポールおよび東南アジアのUBS Asset Managementのトーマス・カーギ氏によると、このプロジェクトはファンドのトークン化を理解する上での画期的な出来事です。カーギ氏は次のように述べています。

「この試験的なイニシアティブを通じて、私たちは従来の金融機関とフィンテックプロバイダーと協力し、市場の流動性と顧客への市場アクセスの向上方法を理解するお手伝いをします。」

UBS Asset Managementは、UBS Tokenizeという社内のトークン化サービスを通じて、トークン化されたマネーマーケットファンドの制御されたパイロットを開始しました。同社はEthereum上のスマートコントラクトを使用して、償還とファンドの申し込みなどさまざまな活動を行いました。

このパイロットは、同社のグローバルな分散型台帳技術戦略の一環でもあり、プライベートおよびパブリックのブロックチェーンを活用してファンドの流通と発行を強化することに焦点を当てています。

関連記事:シンガポールはWeb3などのフィンテックソリューションをサポートするために1億1200万ドルを拠出

新たな展開により、RWAのトークン化に関する以前の予測が実現しました。2023年のワールドトークンサミットでのパネルディスカッションで、アラブ首長国連邦の政府顧問であるエリス・ワン氏は、RWAのトークン化には透明性やセキュリティなどの利点があり、これらはブロックチェーンに組み込まれているとCointelegraphに語りました。彼によれば、RWAのトークン化は多くの産業にとって重要な機会をもたらす可能性があるため、普及する可能性があります。

今年の初めには、RWAに焦点を当てたプロトコルが分散型ファイナンスの他のサブセクターよりも注目を集めました。6月9日、RWAのトークン化プラットフォームであるCentrifugeのトークンの利益は、年初から32%増加しました。

この記事をNFTとして保存して、歴史の一瞬を記録し、暗号空間での独立したジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌:Hyperbitcoinizationが進行中、RFKがBitcoinの寄付を募集、その他のニュース:Hodler’s Digest