「スウェットエコノミー」、2Bトークンの運命を決定するためのガバナンス投票を開始予定

Sweat Economyが開発したSweatcoinとSweat Walletアプリの背後にあるレーベルは、今日中にウォレットアプリで新しいガバナンス投票を導入する予定です。これにより、Sweatコミュニティは、不活性ユーザーアカウントに眠っている20億のSweatトークンに何をすべきかを決定する責任を負うことになります。

トークン保有者は、1人1票の原則に従って意思決定プロセスに参加することができ、トークンの将来を民主化することができます。トークンをどうするかという問題は、アプリを起動してトークンを受け取るように何度もユーザーに促すことにもかかわらず、返答が得られなかったため、非常に長い間続いています。

この場合に関与するトークンの量が多いため、ガバナンス投票は重要なものになります。ただし、プロジェクトは、保有量にかかわらず、すべてのコミュニティメンバーやトークン保有者の声が届くようにする必要があります。なぜなら、Sweat Economyは、意思決定プロセスをコミュニティ中心にすることにコミットしているからです。

昨年9月、Sweat Economyは、当時13.5MのSweatcoinユーザーに約47億のSweatトークンを配布しました。これは、Move-to-Earnプロジェクトがロンドン拠点の分散型デジタルアセット管理インフラストラクチャQredoとの暗号資産保管パートナーシップ契約を締結する約2週間前に起こりました。それにもかかわらず、多数のユーザーがトークンを受け取るためにウォレットアプリを起動しませんでした。

そのため、最大で20億のトークンが受け取られず、不活性ユーザーアカウントの24か月契約にロックされ、Sweatトークンの総供給量の約13%を占めています。

Sweat Economyガバナンス:賛成または反対の投票

新しいガバナンスには、提案を受け入れるか拒否するかに少なくとも75,000票が必要です。前回の投票では15万人以上が参加したため、今回の投票が75,000を超える可能性があります。Sweat Economyは、Sweatトークンの大部分が関与していることを考慮すると、この可能性についてさらに積極的です。

投票する2つの選択肢は、2億の不活性SWEATトークンを回収してSweat Treasuryに戻し、将来の配布または別の投票で決定される他の用途に使用するか、トークンを不活性ユーザーアカウントに残すかです。

すべてのトークン保有者には、投票に参加する公正な機会があり、投票は最大7日間継続され、投票数の流入に応じて3日間延長される可能性があります。これまでに、Sweat Economyは、トークン保有者からガバナンス投票が歓迎されているとのフィードバックを受け取っています。

一方、Sweat Economyは、今年9月に米国でのローンチに向けて準備を進めています。これにより、米国の居住者の間でSweat Walletのインストールが容易になります。同時に、Sweatcoinアプリの既存ユーザーは、現在のSweatcoinステークに比例してSWEATトークンの割り当てを受け取ります。