汗のエコノミーが、ガバナンス投票を通じて2BのアイドルSWEATトークンの運命を決定する

  • 非アクティブなユーザーアカウント内には20億のアイドルSWEATトークンがあります。
  • これらのアイドルトークンは、SWEATトークンの総供給量の約13%を占めています。
  • Sweat Economyは、これらのアイドルトークンの運命を決定するための新しいガバナンス投票を開始しました。

先進的なMove-to-EarnプロジェクトであるSweat Economyは、今年アメリカでローンチされるSweat Walletアプリケーションで新しいガバナンス投票を開始します。この投票により、非アクティブなユーザーアカウント内の20億のアイドルSWEATトークンの運命をコミュニティが決定することができます。

アイドルトークンは、非アクティブなユーザーアカウントに24か月契約でロックされています。しかし、ロックアップ期間が終了した後、トークンに何が起こるべきかは明確ではありません。

トークンは、昨年9月に行われたToken Generation Event(TGE)の後、請求されていないままになっています。Sweat Economyの多数のユーザーは、トークンを請求するためにSweat Walletアプリケーションをアクティブ化しなかったのです。

新しいSweat Economyガバナンス投票

新しいガバナンス投票により、SWEATトークンの保有者は、これらのアイドルトークンに対する運命についての未解決の問いに参加する機会を得ることができます。

ユーザーは、2億のアイドルSWEATトークンを回収し、潜在的な将来の配布または将来の投票で決定される他の用途のためにSweat Treasuryに転送するか、これらのトークンを非アクティブなユーザーアカウントに残すかを決定します。

提案が承認または拒否されるには、75,000票が投じられなければなりません。今日から始まる投票プロセスは、公平な参加の機会を与えるために7日間続きます。投票者が増えた場合、投票期間が延長される可能性もあります。

最近の投票プロセスには153,783人の参加者がいたため、トークンの数に対して更なる関与が見られる可能性があると、Sweat Economyは考えています。