「SwarmとWrappedのクロスチェーンパートナーシップがDeFiの機能を拡大」

Swarm and Wrapped Cross-Chain Partnership Expands DeFi Functionality

SwarmとWrappedのパートナーシップ

SwarmとWrappedは9月7日にパートナーシップを結び、異なるブロックチェーンネットワーク間での暗号通貨の転送サービスを改善することを目指しています。主な目標は、分散型金融であるDeFiでの使用を容易にするために、暗号通貨を変換または「ラップ」することです。

Wrapped.comとSwarmのこのクロスチェーンの協力は、この市場の将来を形作る上で重要なポイントになるかもしれません。さらに深く掘り下げて、この協力におけるSwarmの役割と、カストディベースのソリューションがラップト暗号通貨とDeFiの将来をどのように形作っているかを探求します。

クロスチェーンテクノロジー:Wrapped.comはどのように使用していますか?

クロスチェーンテクノロジーとは、異なるブロックチェーンネットワーク間で資産と情報を転送する能力を指します。

Wrapped.comは、機関投資家向けの高速インフラを提供するためにクロスチェーンテクノロジーを専門としています。彼らのアプローチは、安全なカストディ環境で暗号通貨を保持することによって行われます。

そこから、これらの資産の「ラップ」バージョンが他のネットワークに作成され、取引や他のDeFiアプリケーションでより簡単にアクセスできるようになります。

暗号通貨パートナーシップの解説:Swarm

ベルリン拠点のSwarmは、ドイツの金融当局であるBaFinによって監督される規制されたDeFiプラットフォームとして運営されています。この規制と資産の保持と転送を行う安全な環境は、暗号通貨取引に関わる多くの企業にとって重要です。

では、なぜこれがWrapped.comにとって重要なのでしょうか?

Swarmの規制環境は、Wrappedの暗号通貨資産が別のブロックチェーンにラップされて転送される前に、安全な避難所を提供します。簡単に言えば、異なるネットワーク間での暗号通貨の移動の複雑なプロセスに、追加のセキュリティと規制の合法性を加えます。

この暗号通貨パートナーシップにおけるSwarmの役割をよりよく理解するために、我々はSwarmの共同創設者であるPhilipp Pieperに取材しました。

「我々は彼らがこれまで使用してきたカストディアンよりもはるかにアジャイルなテクノロジー上に構築された規制されたカストディアンを彼らに提供しています」と彼はCryptonews.comのインタビューで述べています。「私はクロスチェーンの世界で非常に重要な役割を果たすことの始まりだと思っています。」

カストディベースのソリューション

カストディベースのソリューションは、クロスチェーン資産を管理するためのより安全で信頼性の高い方法を提供します。このモデルでは、規制されたカストディ環境で資産が保持されるため、スマートコントラクトベースのブリッジに関連するセキュリティおよび規制リスクが軽減されます。

セキュリティと規制を重視することにより、カストディベースのソリューションは異なるブロックチェーンネットワーク間での資産の取り扱いにおいて好まれる方法として注目されています。これにより、システムに対する信頼と信頼性が高まり、DeFiの領域で魅力的な選択肢となっています。

この視点は、パートナーシップとよく合致しています。最初はWrapped.comがAnchorageと提携していましたが、現在はセルフサーブAPIを提供することに焦点を移しています。

セルフサーブAPIは、サービスプロバイダーの手動介入なしに特定の機能にアクセスできるようにするものです。Wrapped.comのシフトの文脈では、セルフサーブAPIは顧客が効率的にBitcoinの流動性をDeFi市場にもたらすためのより効率的な方法を容易にします。

「クロスチェーン資産の相互運用性の未来として、カストディベースのソリューションを見ています。すべての資産を最も安全な方法で管理するために、一流のカストディアンと提携しています」とWrappedの共同創設者であるRonak Pakzadは9月7日のプレスリリースで述べています。

DeFiへの財務的影響

ラップトビットコイン市場の時価総額は現在43.4億ドルに近づいており、分散型金融(DeFi)ソリューションへの関心と採用の成長を示しています。

WrappedとSwarmのパートナーシップの注目すべき側面は、Wrappedの資産管理(AUM)をヨーロッパのカストディに移す計画です。これは、特にドイツの暗号通貨保管法の堅牢性を考慮すると、DeFiにおける新たな標準を示す重要な動きです。

規制上の影響

ドイツの暗号通貨保管に関する規制フレームワークは、最も厳格で信頼性のあるものの1つとしてしばしば引用されています。これにより、Wrapped.comとSwarmはDeFiの領域内での高い運営基準に従うことが保証されるため、有利な状況が整っています。

Pieper氏はCryptoNews.comに語ったところによれば、彼はドイツの財務大臣のアドバイザーでもあり、Wrappedとのパートナーシップは彼らが正しい道を進んでいることの証拠であると述べました。

彼は「途中での仮説の一部は、この規制体制が企業をヨーロッパ、特にドイツに引き寄せ、Wrappedのようなパートナーシップが証明しており、それを裏付けている」と指摘しました。「政府と規制当局は、(DeFi)モデルを正当化し、取り入れるための正しい道を進んでいる」と述べました。

規制されたカストディアンの利点

前述のように、Swarmのような規制されたカストディアンを使用することには、2つの主な利点があります:運用の信頼性とセキュリティの強化です。

「私たちが持っているステータスを得るために提供しなければならない規制の証拠はかなり大量です。それはMPC技術に基づいて構築されています」とPieperは説明しました。

MPC技術(Multi-Party Computation)は、複数の当事者が共同で関数を計算することを可能にする暗号技術です。この技術は、セキュアなデータ分析、プライバシーを保護する計算など、機密情報を公開せずに実現するために使用されます。

変動の激しい暗号市場では、このような高度なセキュリティと運用の信頼性は重要です。これにより、技術的なトラブルや人為的なミスに関連するリスクが軽減されます。

規制されたカストディアンは、暗号空間で一般的なハッキングや詐欺などのサイバー脅威に対する追加の保護を提供します。これは、このような企業が従わなければならない厳格なセキュリティとプライバシーの規制によるものです。これにより、DeFiやクロスチェーンの操作に対しても肯定的な影響を与える可能性があります。規制の遵守は、DeFiセクターが成長し、より厳密な監視を受けるにつれてますます重要になるでしょう。

Pieper氏は、規制されたカストディアンがデジタル資産に追加のセキュリティを提供する方法についてさらに詳細を提供しました。

「このプロセスの誤用は、非常に困難ですが、実施された場合、多くの個人が特定され、信頼される組織の一部とされ、規制当局の監督下に置かれることになります」と彼は述べました。

投資家にとっての意味

Wrapped.comとSwarmのパートナーシップは、関係する企業の一歩前進だけでなく、機関投資家に新たな機会をもたらします。

具体的には、これらの機関はBitcoinなどの暗号資産をより安全かつ効率的にラップおよびアンラップすることができます。

小売投資家もこれらのトークンをDeFiプラットフォームで取引する機会を得ることができます。これは、このクロスチェーンの暗号資産パートナーシップの利点が機関だけでなく、より広い観客にもアクセス可能になるという重要な動きです。

最終的な考え:DeFiにおける規制の遵守と技術の柔軟性の結びつき

DeFiセクターが進化するにつれ、Wrapped.comとSwarmのパートナーシップは、ブロックチェーンネットワーク間の資産管理と転送に対する洞察力のあるアプローチを提供します。この協力関係は、Swarmの規制の遵守を活用するだけでなく、新たな業界基準を設定する技術的な柔軟性も導入しています。

暗号空間はしばしば金融市場のワイルドウェストと見なされてきましたが、SwarmのBaFinの監督とWrapped.comのセキュアな資産管理への取り組みは、成熟した業界の兆候を示しています。これにより、規制上の懸念があるため慎重だった機関投資家がより多く引き付けられる可能性があります。

さらに、Wrapped.comによるセルフサーブAPIの導入は、自動化と効率性に取り組んでいることを示しています。この動きは、クロスチェーン資産の取引量が増加するニーズに対応するスケーラブルなソリューションの必要性への対応と解釈できます。

このパートナーシップは、より広範な地政学的な規制環境の意義も明らかにします。ドイツが暗号保管の法律を設定する中、この協力関係は、規制されたヨーロッパの枠組み内での運営を目指す他の企業にとってのパイロットテストとなる可能性があります。これは、他の管轄区域の規制当局が自身の暗号ポリシーを形成する方法に影響を与える可能性があります。

このパートナーシップは、急速に変化するDeFi市場の多くの開発の一つでありながら、規制のセキュリティと技術の柔軟性を結びつけたモデルを提供しています。これが広く採用される標準となるか、孤立したケースに留まるかは、規制の進化と市場の反応など、さまざまな要因によるでしょう。