SushiSwapが流動性サポートのためにSushi DEXアグリゲータを立ち上げました

オープンソースの分散型取引所(DEX)であるSushiSwapは、集約ビジネスへの初めての進出に伴い、新しいアグリゲータを導入しました。

このDEXアグリゲータにより、SushiSwapの顧客は、追加手続きなしにプラットフォームで取引する際に最適な価格を得ることができます。つまり、顧客はトレーディングに利用可能なさまざまなアセットに露出しながら、最適な価格が提供されます。

また、流動性プロバイダー(LP)が提供できる流動性の範囲を管理し、それにより彼らが獲得できる取引手数料を増やすこともできます。

注意すべきは、流動性が不安定であるため、多くのDEXにとって問題となっていることです。そのため、DEXアグリゲータへの需要が増加すると予想されています。これらのDEXアグリゲータは、従来のAutomated Market Makers(AMMs)や中央集権型取引所(CEXs)など、さまざまなソースから流動性を集約する役割を担っています。

DEXアグリゲータは、特定のチェーン上の異なる取引所間で流動性を統合するための金融プロトコルです。そして、利用可能なプラットフォームでユーザーのスワップの最も安いルートを複数の要因に基づいて設定するために複雑なアルゴリズムを使用します。注目すべきは、アグリゲータが暗号化取引所間の通信のために提供する単一で統一されたインターフェースにより、DeFiセクターで非常に人気があることです。

さらに、DEXアグリゲータは、メカニズムを介して価格スリッページと取引手数料を最適化することを目的としています。最終的には、ユーザーが取引するのがより便利になります。幅広いアセットを提供することで、プラットフォームにより多くのユーザーが集まる可能性があるため、流動性プロバイダによるスワップ手数料が増加し、全体的な流動性が増加する好循環が生まれることになります。

Sushi DEXアグリゲータはLPに多くの利点をもたらします

Sushiは、プラットフォームの2023年のビジョンの一環として、集約ルーターの構築について長い間秘密裏に取り組んできたと述べています。

「目標は、ユーザーに最適な価格を提供しながら、ユーザーが取引できるアセットの数を増やし、LPが提供できる流動性を増やし、獲得できるスワップ手数料の数を増やすことです」とブログポストで説明しています。

Sushiプロトコルは、DeFiのスワップの中心地になることに焦点を当てています。Sushiは、そのアグリゲータの最も重要かつ必須の利点は、「バイアスがかかっている」ということであり、多くの取引をSushi経由でルーティングし、Sushi UIに以前は存在しなかったさまざまなトークンに露出することができると説明しています。

今年早々、DEXプラットフォームはSei Networkで新しい永続的な契約先物取引所を立ち上げました。Sei Networkにとって、このパートナーシップは、プロトコルの新しい収益源を生み出す戦略であり、その影響力を拡大するためのもう一つの戦略です。