Sui Foundationは、Binanceでのロックされたステーキング報酬のダンピングを否定

SuiネットワークとそのネイティブトークンであるSUIトークンのチームは、Binanceでロックされたステーキング報酬を売却したという主張を否定するためにTwitterを利用しました。噂によれば、チームは大量のロックされたステーキング報酬を移動し、Binanceで売却して現金化したとのことです。

Sui Foundationがロックされたステーキング報酬を売却していないと否定

ポンプアンドダンプスキームは、暗号通貨の世界では非常に一般的になっています。Chainalysisの報告によると、2022年に発行されたトークンの24%は、初週に価格が下落し、ポンプアンドダンプ活動の可能性を示しています。

財団によれば、Sui財団はBinanceや他の取引所でロックされたステーキング報酬やその他のトークンを売却していません。

声明によれば、「すべてのインサイダートークンの割り当ては、ロックアップと他の移転制限に従っており、これらの制限に準拠しています」と述べています。

主張の起源

木曜日にTwitter上で噂が広まりました。Sui財団がBinanceでロックされたステーキング報酬をアンロックし、売却しているというものです。@DefiSquaredという人気のある暗号トレーダー兼コメンテーターのTwitterスレッドによれば、「ロックされた」および「非流通」のステーキング済みSUIは、財団によって操作されていると主張しています。アカウントの背後にいる当事者は、SUI財団が約30億の非流通およびロックされたSUIをステーキングしていると主張しており、これは流通供給全体の6倍に相当します。

DefiSquaredはまた、数百万のSUI報酬がどのように転送されたかを示すオンチェーンデータも提供しています。これらのトークンは何度も分割され、ほとんどはBinanceに入っています。例えば、5月31日に0x341fから0x209fに2,500,000 SUI報酬が転送されました。しかし、Sui財団は後にこのトランザクションを契約上のロックアップに準じた支払いと述べています。

言及された具体的なトランザクションは、契約上のロックアップに準じた支払いでした。https://t.co/ViYxQoJMos

— Sui財団(@SuiFoundation)2023年6月27日

Suiは、ブロックチェーンにおいてプルーフオブステークのコンセンサスメカニズムを採用しています。メインネットは2023年5月3日に正式に開始され、ユーザーはSuiトークンをステーキングして、さらにSUIを獲得するためにプルーフオブステークメカニズムに参加することができます。

価格は$0.66で推移中 | 出典:TradingView.comのSUIUSDT

トークンのリリーススケジュール

Sui財団は、メインネットが開始してから2か月以上経った今でもトークンのリリーススケジュールを公開していません。DefiSquaredによると、供給量は実際に毎日増加していますが、CoinMarketCapが受け取るデータは月に1回だけの発行です。

これにより、非財団SUIトークンの保有者にとっては約20%のインフレが発生しています。財団はSUIトークンのベスティングと配布スケジュールの公式予測をまもなく公開する予定です。

SUIトークンは、7日間で14%以上下落しています。6100万トークンの追加リリースが2023年6月3日に予定されています。