Stripe、Ripple、Blockchain.com、OpenSeaが、米国トップ10のフィンテック企業をリードしています

フォーブスは、米国の最大のフィンテック企業のトップ10のリストを毎年発表しており、金融技術産業のダイナミックな景観に深い洞察を提供しています。しかし、今年のリストには、市場の下落がフィンテックの評価に影響を与えたため、免責事項が含まれています。

リストのトップには、決済処理の巨大企業Stripeがあります。クリプトフレンドリーな同社は、アイルランド出身の兄弟であるパトリック・コリソンとジョン・コリソンによって設立され、2021年に記録された950億ドルから、2023年3月には500億ドルに評価が下落しましたが、リストで1位にランクされています。同社は2021年以来、チャートのトップに立っています。

この決済プロセッサは、オンラインのビジネス取引を促進する重要な役割を果たしており、昨年は驚異的な8170億ドルの取引を処理しました。その高級クライアントには、ChatGPTの作成者であるOpenAI、Microsoft、そしてFordなどが含まれます。

Stripeに続いて2位に輝いたのはChimeです。同社は、Sequoia CapitalやMenlo Venturesなどのベンチャーキャピタル企業から23億ドルの資金調達を受けています。

Rippleが米国で3番目に大きなフィンテック企業にランクイン

ブロックチェーンの支払いインフラストラクチャであるRippleは、課題に直面しながらも強靭さと革新性を発揮し、リストで3位に輝きました。

同社は、XRPトークンに関して米国の規制当局である証券取引委員会(SEC)との間で、暫定的に最も長い法的闘争の1つに直面しています。同社は150億ドルの評価を記録しました。

この支払い企業は、Chris Larsen(エグゼクティブチェアマン)とBrad Garlinghouseによって2012年に立ち上げられました。報告によると、Rippleは今年1月に資金を非公開で調達しました。

3年前、Rippleは、資金調達と戦略的パートナーシップを通じて同じフォーブスのリストにランクインしました。同社は、当年の最終四半期に行われたシリーズCの資金調達ラウンドで約2億ドルを調達しました。

Rippleに続いて4位に輝いたのは、別のクリプトに焦点を当てた企業であるBlockchain.comで、評価額は140億ドルです。同社は、デジタル資産の取引プラットフォーム、データハブ、およびウォレットプロバイダーとして運営しています。

ユーザーは、自己保管の暗号資産にアクセスし、単一のプラットフォーム内で複数のサービスにアクセスできます。200以上の国々に存在し、25の言語に対応しているBlockchain.comは、暗号空間での主要なプレイヤーとして認知されています。

OpenSeaはBlurと競合する

非代替可能トークン(NFT)マーケットプレイスであるOpenSeaもリストにランクインしました。同社は、米国の顧客のデータを他の金融アプリケーションに接続するアメリカの企業であるPlaidの後に、Forbesのリストで6位にランクされました。

2017年12月に立ち上げられたNFTマーケットプレイスは、約133億ドルで評価されています。評価により、創業者のDevin FinzerとAlex AtallahはNFTビリオネアの称号を獲得しました。

OpenSeaは、2022年に非常に成功した年を過ごし、4720万ドルの収益を上げました。同社は、18.8兆ドルという膨大な取引高に2.5%の取引手数料を適用したことで、これを達成しました。しかし、同社はBlurなどの新興競合他社の台頭により、NFT取引量の面でOpenSeaを超えることになりました。

この変化する景観は、OpenSeaにとって強力なライバルの台頭の中で市場でのポジションを維持するという課題を提起しています。

一方、Brex、GoodLeap、Bolt、およびAlchemyなどの他のフィンテック企業は、それぞれ123億ドル、120億ドル、110億ドル、および102億ドルでForbesのリストにランクインしています。