ストライドブロックチェーンは、ATOMパワードセキュリティモデルに移行します

Stride Blockchain transitions to an ATOM-powered security model.

Strideは、Cosmosベースの流動性ステーキングプロトコルであり、既存のstride(STRD)トークンモデルからATOMトークンによって駆動されるCosmosのインターチェーンセキュリティ(ICS)システムに移行する予定です。

「移行は、ブロック高4616678で17:00 UTCから21:30 UTCの間に行われる予定です」と、Strideの貢献者であるIan UnsworthはCoinDeskに語りました。

「Strideには総額35億ドル以上のロックされた価値がありますが、ボンデッドネットワークトークンを通じた経済的セキュリティは1900万ドルしかありません。ICSの移行により、ブロックの生成/セキュリティはATOMバリデータセットに移行され、ネットワークの経済的セキュリティは約11,935.2%増加します」とUnsworthは付け加えました。

公式ブログによれば、ICSへの移行により、Strideの経済的セキュリティは約2500万ドルから230億ドルに向上し、流動性ステーキングプロトコルはハッキングに対してより強力になります。

Cosmosのインターチェーンセキュリティは、ATOMをバックにしたバリデータをコンシューマーチェーンに貸し出し、ネイティブトークンではなくATOMを使用してCosmosのセキュリティを共有することを可能にします。Cosmos Hubは、Cosmosネットワーク内で作成されたすべての独立したブロックチェーンの間のブロックチェーン仲介者であり、ATOMトークンを使用したステーク方式のコンセンサスメカニズムを実行します。

つまり、移行後、StrideはSTRDトークンの代わりにステークされたATOMによって保護され、既存のStrideバリデータセットからCosmosのバリデータセットがブロックの生成を引き継ぎます。Strideは本質的にはコンシューマーチェーンとなり、Hubのバリデータがそのコンセンサスに参加することができます。STRDは引き続き有用であり、ステーキング報酬を生成します。現時点では、STRDトークンの時価総額は8670万ドルであり、ATOMはCoingeckoのデータソースによれば27.3億ドルの時価総額を誇っています。

移行はSTRDのトークノミクスにも影響を与えます。ステーカーは、ステーキング報酬として分配されるSTRDを50%減少させることを決定しました。さらに、15%のSTRDステーキング報酬はCosmos Hubと共有されます。

「STRDは1億トークンの上限を持っています。元のトークノミクスによれば、初年度には260万8200 STRDがステーキング報酬として発行されます。ICSへの移行に伴い、この数字は半分の130万4100 STRDに削減されます。この削減はICSへの移行前の準備的なチェーンアップグレードで実施されます」と公式ブログに記載されています。

編集:Parikshit Mishra。