Starknetは、テストネットバージョンの展開後、来週に「量子の飛躍」アップグレードを計画しています

イーサリアムブロックチェーンのレイヤー2であるStarknetは、「Quantum Leap」と呼ばれる大規模なアップグレードが、主要ネットワークへの展開が約1週間後に行われる予定であると述べました。

このアップグレードは、ブロックチェーンが処理できるトランザクション数(TPS)を増やし、トランザクションの確認と報告にかかる時間を短縮することを目的としています。

Quantum Leapは、テストネット上で先週水曜日にリリースされました。Starknetのコミュニティがガバナンス投票でコードの変更を承認する場合、アップグレードはStarknetのメインネットに2021年7月13日頃に展開される予定です。これは、Starknetの背後にある企業であるStarkWareからのプレスリリースによるものです。

アップグレードが展開された後のStarknetが処理するトランザクション数は明確ではありませんが、StarkWareは、少なくとも100件の処理が可能になると主張しています。チームはまた、混雑が軽減されることで、Starknetがアプリケーションの構築においてより競争力のある選択肢になると述べています。

Quantum Leapは、「他のブロックチェーンからの計算の制約なしに、開発者に力を与え、彼らの創造性を解き放つことに関係しています」と、StarkWareの共同創設者であるEli Ben-SassonはKocooのインタビューで述べています。

このランプアップは、スケーラビリティを向上させるための一連のアップグレードを含むStarknetのロードマップの一部です。Starknetのロードマップウェブサイトによれば、ブロックチェーンは2023年第3四半期と第4四半期にも予定されている他のアップグレードを計画しており、トランザクション手数料の削減やブロック間隔の短縮を目指しています。

さらに、Quantum Leapは、ブロックチェーンがメインネットにストレージプルーフを展開する準備を行っている中でのものであり、これはクロスチェーンブリッジのハッキングを緩和するための暗号的な機能です。

詳細はこちら:「ストレージプルーフ」、マルチチェーン世界でハックに弱いブリッジの代替手段として紹介