スフェロイド・ユニバース・コインがMEXC取引所に上場予定

2023年6月5日、アラブ首長国連邦ドバイ、Chainwire

地球上のあらゆる場所で現実世界を拡張する未来志向のメタバースであるSpheroid Universeは、6月5日にそのトークンであるSPHが正式にMEXCに上場することを発表しました。

2018年に創立されたMEXC(MEXC Globalとも呼ばれる)は、アメリカ、UAE、カナダ、オーストラリアを含む200以上の国々に6百万人以上のユーザーを抱える急成長中の仮想通貨取引所です。MEXCは、取引高においてグローバルトップクラスの取引所の一つとして定期的に取り上げられています。同取引所は、1,500以上の仮想通貨を取り扱っており、トップパフォーマーのトークンを上場してきた豊富な経験を持ち、Spheroid Universeがグローバルに展開する手助けをしています。

このニュースは、最近Spheroid Universeが発表したChatGPTによる人工知能(AI)アバターのローンチに続いて発表されました。この画期的な開発により、eコマースや小売、広告、販売、顧客・消費者との相互作用など、多岐にわたるビジネスプラットフォームでの革新的な機会が生まれることになります。

Spheroid UniverseのCEOであるAndrey Almiashevは、この発表について次のようにコメントしています。「MEXCでのトークンの上場により、SPHは成長の軌道に乗り、Spheroid Universeがメタバースプロジェクト、そしてXR/AR業界全体のリーダーとなるためのバンド幅をもたらします。」

Spheroid Universeは、Web3、XR/VR、そしてメタバース産業全体にわたる戦闘試験済みのAR/XRプラットフォームとなり、将来のインターネット体験を定義するのに役立ちます。

没入型デジタル体験を創造したいと考えているブランドや組織は、革新的な体験を実証する場所として、Spheroid Universeを選択することができます。

Spheroidについて

Spheroid Universe(Spheroid)は、エクステンデッドリアリティメタバース企業です。エクステンデッドリアリティプロジェクトの開発プラットフォームです。同プラットフォームの技術的基盤は、AR/XR作成用に設計されたSpheroid XR CloudとSpheroid Scriptプログラミング言語です。

SPHは、Spheroidエコシステムのネイティブトークンであり、プラットフォームの活動を推進します。Spheroid UniverseのバーチャルランドであるSpaces、AR/XR広告、コンテンツ配置、および様々なプラットフォームサービスに使用することができます。SPHによって支援される製品の中には、地球の3Dデジタルツインを作成するためのオープングローバルプロジェクトであるSpheroid Earthがあります。

詳細については、Spheroid Universeの公式ウェブサイトをご覧ください。Twitter、Instagramでもフォローできます。

お問い合わせ先

PR担当者、Yousef Batter、White Label Strategy、[email protected]、+971559356531