韓国のアナリスト:2024年にはグローバル暗号通貨市場の時価総額が5兆ドルに達すると予想

「韓国のアナリスト予測:2024年にはグローバル暗号通貨市場の時価総額が5兆ドルに達する見込み」

出典:ArtDown/Adobe

韓国の仮想通貨市場のアナリストたちは、世界の仮想通貨市場の時価総額が2024年に5兆ドルの節目を達成する可能性があると考えています。

韓国経済新聞によると、この主張はコイン取引所グループのコービットのリサーチセンターが発表したレポートに記載されています。

センターのディレクターである鄭錫準氏は、「[暗号資産市場の]来年の時価総額は4.5兆ドルから最大5兆ドルになるでしょう」と予測しました。

鄭氏によれば、2023年12月11日現在の時価総額は1.6兆ドルであると述べました。

彼は、この巨大な上昇は「3つの良いニュースの組み合わせ」によってもたらされると主張しています。それは以下の通りです:

  • アメリカ連邦準備制度が金利を引き下げる傾向が強まっていること
  • 暗号通貨スポットETFの規制承認の可能性
  • 予定されているBitcoin (BTC) halvingイベント(2024年4月に予定されている)

鄭氏は、これらの3つの出来事が「暗号資産投資のセンチメントに良い影響を与えるだろう」と述べました。

「今年市場は回復し、上向きのトレンドは来年にも広がると予想されています。それによって一般の人々の暗号資産市場への興味がさらに高まると思います。」

グローバルな暗号通貨取引量(出典:CoinCodex)

韓国の研究者たちは、暗号通貨にとって大きな年が訪れると述べています

別のコービットの研究者は、2024年はリアルワールドアセット(RWA)セクターが本格化する年になると主張しています。

RWAはトークン化された「具体的な」資産であり、通常はトークン化された不動産、国債、ローンなどを指すために使用されます。

別のコービットのアナリストは、2024年には暗号通貨市場の「制度化」が進展するだろうと主張しました。

同じアナリストは、これが市場にとって前進の一歩となり、業界が「精査」し、「善悪を分ける」ことを可能にすると主張しました。

長引く熊市と低迷した2023年は、韓国の仮想通貨取引市場に大きな影響を与えました。

最近の仮想通貨の活動が活発化したにもかかわらず、取引量は2023年に低下しました。取引所の競争力も縮小しました。

過去12ヶ月間のコービット仮想通貨取引量(出典:CoinGecko)

6月には、市場リーダーのUpbitのシェアは90%以上でした。

この要因がコービットおよび他の追いかける取引所に手数料を無期限に免除するという決断を下させました。手数料は彼らの主要な収入源でした。