韓国は不公平な取引に対処するために暗号通貨法案を可決します

韓国政府は、Do KwonのTerraエコシステムのような崩壊から暗号通貨投資家を保護するための措置を講じ、新しい暗号通貨法案を可決しました。

6月30日、国会は仮想資産利用者保護法を可決しました。この法案は、不公正な取引行為を規制し、暗号通貨投資家を保護することを目的としています。地元のニュース機関SBS Bizによると報じられました。

報道によれば、この法案は19の暗号通貨関連法案を統合し、暗号通貨における未公開情報の利用、市場操作、その他の不公正な取引行為に対して罰則を科します。

地元メディアによると、仮想資産利用者保護法の主なポイントは、証券性を持つ仮想資産に対してまず資本市場法を適用することです。また、この法案は、不公正な暗号通貨取引によって引き起こされた損害に対して罰則と責任を課す基盤の確立を目指しています。

投資家を保護するため、韓国の仮想資産サービスプロバイダー(VASPs)は、ユーザーの預金に責任を持ち、保険を提供することが報告されています。これらの措置は、ハッキング、コンピュータの障害、その他のリスクに対するユーザー保護を確保するために必要です。

SBS Bizの報告によると、新しい規則の違反は、1年未満の懲役または重大な罰金の対象となります。たとえば、金融委員会は、不公正な取引から得た利益に対してその2倍の罰金を科すことができます。

関連記事: Do Kwonはパスポートの偽造を否定し、「中国の」機関を非難

このニュースは、Terraform Labsの創設者であるDo Kwonが、モンテネグロの裁判所において偽造パスポートの使用で有罪判決を受け、4か月の懲役刑を言い渡された直後に発表されました。この役員はまた、韓国の資本市場法に違反したという告発で逮捕状が出ています。

韓国の検察当局は最近、Terraのトークンの崩壊が同国でこれまでに起きた最大の金融詐欺または金融証券詐欺事件であると主張しました。

雑誌: アジアエクスプレス:HuobiがHuobiに訴訟を起こす? 3ACが復活、韓国の暗号通貨感染