南アフリカは2023年末までに暗号通貨取引所のライセンスを義務付ける予定です:報告書

南アフリカの金融規制当局は、ブルームバーグの報道によると、同国のすべての暗号通貨取引所が年末までにライセンスを取得する必要があると発表しました。

金融セクター行動機関(FSCA)のコミッショナーであるウナティ・カムラナ氏は、最近の開設以来、同機関が約20件のライセンス申請を受け取ったと述べ、11月30日の締め切り前にさらなる申請が予想されるとブルームバーグは報じています。

カムラナ氏はさらに、締め切り後もライセンスを取得せずに取引所が運営を続ける場合、規制当局は「執行措置」を取る意向であり、これには罰金やノンコンプライアンス企業の閉鎖が含まれる可能性があると報告されています。

報道によれば、カムラナ氏は、仮想通貨製品のための規制フレームワークを導入することは、金融顧客への重大な損害の可能性があるため、合理的なアプローチであると述べ、措置の効果を判断するための時間の必要性を表明し、産業との継続的な協力を保証して必要な変更を練り上げると述べました。

このイニシアチブにより、南アフリカは世界中の仮想通貨規制当局や政策立案者が仮想通貨規制を強化し続ける中、大陸で初めてデジタル資産取引所にライセンスの取得を要求する国となります。

この動きは、南アフリカ発祥のいくつかの主要な取引所に影響を与えます。これには、Digital Currency Groupが所有するLunoやPantera Capitalが支援するVALR暗号通貨取引所などが含まれます。同国で運営するバイナンスなどのグローバルプラットフォームもライセンスの取得が必要です。

FSCAの広報担当者によれば、仮想通貨資産に関する金融サービスを提供する個人は、仮想通貨マイナーやNFTサービスプロバイダーなどの一部の例外を除いて、承認を取得する必要があります。この要件に対応しない場合、これは法律違反となり、関連当局による規制措置が開始される可能性があります。

関連記事: 暗号通貨取引所Roqqu、南アフリカでの事業拡大の承認を取得

FSCAは、南アフリカの国家財務省や南アフリカ準備銀行を含む主要な金融セクター規制機関や政策立案者から成る「政府間フィンテック作業部会」と協力して、暗号通貨やフィンテックの規制に取り組んできました。

規制強化のトレンドは南アフリカに限定されているわけではありません。7月3日、シンガポール金融管理庁は、同国の暗号通貨サービスプロバイダーが年末までに顧客資産を法定信託に配置して安全な保管を行う必要があると発表しました。これは、暗号通貨セクターにおけるより厳格な規制への世界的なシフトを裏付けています。

雑誌: セネガルでのビットコイン利用の理由は何ですか?