サザビーズの第2回3AC NFTオークションには、画期的なDmitri Cherniakの作品が含まれています

サザビーズは、破産した暗号ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)から押収した非代替トークン(NFT)をさらにオークションにかけ、Dmitri CherniakのRingers#879(通称「The Goose」)などの高価値NFTを2021年以来初めて公開します。

「グレイルズ」コレクションからの3ACコレクタブルの2回目の販売は、6月15日にニューヨークで開催され、Dmitri Cherniak、Tyler Hobbs、Jeff Davisなどの生成アーティストの37作品が展示されます。

オークションハウスは、プレスリリースで、この販売がデジタルアートの史上最大のライブオークションを記録することになると述べています。

「ライブオークションでは、特に生成されたアートを展示することに焦点を当てたかったため、コレクションの深い保有を反映するだけでなく、このムーブメントで最も求められ、有名な生成アーティストの広いコミュニティにスポットライトを当てるようにキュレーションされました」とサザビーズのデジタルアート・NFTの責任者、Micahel BouhannaはKocooに語りました。

今回のNFTの中からのハイライトには、CherniakのRingers#879が含まれます。この作品は、鳥に似た外観から「The Goose」として知られる生成アートの画期的な作品で、3ACの共同創設者であるSu ZhuとKyle Daviesが2021年8月に1,800 ETH(当時約580万ドル相当)で購入しました。

Bouhannaは、この作品をCherniakのポートフォリオの主要なハイライトであり、「生成アートムーブメントで最も重要な作品の1つ」と呼びました。

彼は、「その生成のランダム性によって引き起こされるユニークなバリエーションが、中央に鳥に似たイメージを作り出し、アルゴリズムに基づく芸術に内在する可能性の領域を完全に表現しているため、特別なものになっています」と説明しました。

さらに、HobbsのFidenza#216は、カラフルで渦巻く作品で、2021年に320 ETH(約100万ドル)で最後に売却されましたが、今回のオークションで購入可能になります。

今回のオークションは、今月初めに成功した最初のNFTの販売に続き、実施されました。前回の販売では、推定販売価格を大幅に上回って100万ドル以上で売却されたHobbsのFidenza NFTが含まれています。シンガポール拠点のヘッジファンドが2021年7月に破産を申請した後、3ACの清算人であるTeneoは、数百万ドル相当のNFTの幅広いリストを販売する意向を示す通知を2月に公開しました。

プレスリリースによると、「Grails」コレクションからの別の一連の作品も最近プライベートで売却され、総額300万ドル以上の収益を上げています。グレイルズコレクションの清算販売は、これまでに600万ドル以上の収益を上げています。

編集:Toby Leah Bochan。