「Solanaの最大のプロトコル、Marinadeは、成長を「ネイティブ」SOLステーキング製品に賭けています」

Solana's main protocol, Marinade, is betting on growth in native SOL staking products.

トップのSolanaプロトコル、Marinade Financeは、mSOL(流動性ステーキングトークン)の発行メカニズムと並行して、SOLトークンのバリデーターへの直接ステーキングをサポートする予定です。

開発者によると、Marinade Nativeと呼ばれる新しいサービスは、SOLとmSOLのスワップにおけるスマートコントラクトリスクを排除し、同時に予想される7%の利回りを維持します。これは、ユーザーが利回り付きの預託証明書を受け取る代わりに、SOLの保管を維持するためです。

Marinadeは既に1億6700万ドルの暗号資産を管理しており、Solanaの総ロックアップバリュー(TVL)のちょうど半分以上を占めています。しかし、プロトコルの関係者によれば、その流動性ステーキングソリューションはSolanaのネットワークのSOLの2%で頭打ちになっているようです。彼らは、Marinadeのさらなる成長は、LSTに対応するのが面倒な機関投資家にもアピールすることでのみ実現すると確信しています。

Marinadeのコア貢献者であるMichael Repetny氏は、「Marinade Nativeは基本的には50倍も大きな市場をターゲットにし、Solana上のステーキング内でより分散化を見せることを期待しています」と述べています。

バリデーターへの直接ステーキングは新しいものではありません。これは、Solanaのステーキングブロックチェーンのメリットを享受するために投資家が最初に使用した方法であり、ネットワークを駆動するバリデーターに財務的な保証を提供することで利息を得るものです。

新しいのは、ステーキングされたSOLを単一のバリデーターではなく、トップのバリデーターのインデックスに分散することです。この手法は、自動ステーキングと呼ばれ、それがmSOLを発行するLSTメカニズムの2つの主な利点の一つです。

Repetny氏は、「1つではなく、パフォーマンスや分散化の側面などに基づいてランク付けされた約130のバリデーターにステーキングしています。この自動ステーキングに依存した製品を導入し、完全にスマートコントラクトのリスクを回避しています」と述べています。

流動性ステーキング契約にSOLをロックするリスクは、昨年11月にFTXの崩壊がきっかけとなり、Solanaエコシステム全体で安全性を求める動きがあった際に明らかになりました。驚いたmSOL保有者は、プロトコルからSOLを回収するために数日待つ代わりに、流動性ステーキングトークンを割引価格で取引し始めました。

Marinadeのメカニズムはこのプロセス全体で正常に機能し、ステーキングされたSOLは失われませんでしたが、このイベントは流動性ステーキングの制約を強調しました。プロトコルは、その際に受けたTVLの減少からまだ回復しています。

Solanaの流動性ステーキングへの採用は、DeFiやステーキングプロトコルにおける最大のブロックチェーンであるEthereumに比べてはるかに低いです。Repetny氏は、その違いを2つのチェーンのテクニカルな違いとロック解除期間の扱い方によるものだと説明しています。

また、Repetny氏は、流動性ステーキングソリューションを通じて利用できないが、Marinade Nativeを使用することで利回りを得ることができるベスト契約にロックされた約6,000万SOLがあると述べています。

「DeFiが再び盛り上がることを除けば(それがほのめかされているように見える)、私にとってはSolana上の流動性の付加価値は少し小さい」とRepetny氏は述べています。

続きを読む:Solanaの流動性ステーキングツールMarinadeは、Staked SOL Captureによるトークンの価値を強化しようとしています

更新(7月19日、11:31 UTC):8番目の段落で流動性ステーキングリスクの追加、9番目でEthereumとの比較を追加しました。

編集:Sheldon Reback氏。