「ソシエテ・ジェネラルの子会社、フランスで初の完全ライセンスを取得した仮想通貨プロバイダーに」

Societe Generale subsidiary becomes the first virtual currency provider in France to obtain a full license.

フランス第3位の銀行であるSociété Généraleの子会社であるForgeは、同国で最高のアクセスライセンスを取得した最初の企業となりました。これは、多くのサービス活動(PSAN)の前提条件です。このプロバイダーはデジタル資産の保管権限、法定通貨での購入および販売、およびそれらの間での取引権を有します。

7月19日、フランスの証券市場監視機関であるAutorité des Marchés Financiers(AMF)の登録更新について地元メディアが注目しました。Société Généraleの代表者はプレスリリースで次のように述べています:

「認定は、デジタル資産取引において現在可能な最高水準の規制認証を表します。」

これまでに、AMFのライセンスプロバイダーリストにはすでに約90社が掲載されています。たとえば、Société Généraleの強力な競争相手であるCrédit Agricoleの子会社は、2023年6月にデジタル保管の承認を受けました。しかし、Forgeは規制当局から多数のサービスに対する最高の承認を受けた最初の企業となりました。フランスのラジオ局Business FMによれば、このレベルの承認に対する厳格な要件は、大手の伝統的な銀行に対して小規模な暗号通貨企業に明らかな優位性を与えています。

関連記事:フランスの金融市場仲裁人が暗号関連の調停増加を報告

Société Généraleは暗号セクターで非常に活発であり、Ethereumブロックチェーン上でユーロ債券を発行し、Tezosブロックチェーン上でセキュリティトークンを提供し、債券トークンと引き換えにDai(DAI)ステーブルコインローンを提案しています。2023年4月、Forgeは、資格のある機関投資家向けのユーロペッグステーブルコインであるEUR CoinVertibleを開始しました。この新しいデジタル資産は、Societe Generaleによる既存の顧客認識と反マネーロンダリング手続きを経た投資家のみが利用できます。

フランスは依然として暗号通貨にとって最も友好的なヨーロッパの管轄区域の一つですが、Binanceの現地支店はパリの専門的な地域間管轄の指示の下で、司法捜査部門による予備調査の対象となっています。

雑誌:専門家たちはAIに人間の「魂」を与え、私たち全員を殺さないようにしたい