Six Cloversは、ステーブルコインとCBDC(中央銀行デジタル通貨)による国境を越えた暗号通貨の支払いのためのVersal Networkを発表しました

6月29日、元PayPalのビジネスおよびテクノロジーリーダーであるジム・ウィンとナス・カヴィアンによって設立された会社、Six Cloversは、Suiブロックチェーン上でVersal Networkを発表しました。

この分散型のグローバル決済ネットワークは、世界中のビジネスのクロスボーダートランザクションを効率化することを目指しています。Six Cloversの暗号通貨決済システムを利用することで、ユーザーはグローバルスケールでデジタル通貨の取引を行うことができます。

Suiブロックチェーン上に構築されたVersal Networkは、分散型と伝統的な金融の革新的な融合を表しています。

「次の10億人のユーザーにオンチェーンデジタルアセットの力を解放するという私たちのビジョンが、Sui上で実現されています」と、San Francisco拠点のSix Cloversの共同創設者兼CEOであるジム・ウィンは述べています。

「これを実現する方法は、確立されたeコマースとWeb3コマースのギャップを埋めることであり、ブロックチェーンを抽象化し、インフラストラクチャーを顧客に見えないようにすることです。」

Six Clovers APIとのシームレスな統合を通じて、組織はVersal Networkの力を活用してステーブルコインや中央銀行デジタル通貨を使用したリアルタイムの支払いを容易にすることができます。

Suiブロックチェーンエコシステムには、Versal Network以外にも注目すべき要素があります。その1つがTransakで、このプラットフォームはSUIトークンの購入を法定通貨を使用して容易にします。

さらに、Meta Platforms(META)の元従業員によって設立されたレイヤー1ブロックチェーンであるHalliday HQは、9月の成功した資金調達ラウンドにより20億ドルの評価を達成しました。

Suiブロックチェーン:シームレスなクロスボーダートランザクションの完璧なエコシステム

2023年5月、Suiはメインネットをローンチし、過去30日間で最大1,007トランザクション/秒(TPS)を達成しました。

Suiは、高速トランザクション、即時処理、およびRustベースのMoveプログラミング言語を使用したスケーラビリティによって異なるネイティブトークンを持つレイヤー1ブロックチェーンです。

これは委任型プルーフオブステークのコンセンサスを採用しており、最大供給量は100億のSUIトークンで、そのうち14%が投資家に販売されています。

SUIのTotal Value Locked(TVL)は1,165万ドルで、24時間の取引量は253万ドル、7日間の取引量は1,776万ドルです(DefiLamaによると)。

Binance取引所は、Launchpoolを通じてSuiを提供することでSuiへの注目を集めました。Tronの創設者であるJustin Sunは、TrueUSDステーブルコインをBinanceに5600万ドル預け入れし、SUIトークンのファーミングを行いましたが、これに対してBinanceのCEOであるChangpeng Zhaoから反応がありました。後に、SunはBinanceへの送金を返金し、ファーミングされたSUIトークンはTUSD流動性プールに再配分されました。

暗号通貨のクロスボーダー決済および送金

暗号通貨の送金およびクロスボーダー決済における未来は有望です。2026年までに、世界の送金市場は9300億ドルに達すると予測されており、これは暗号通貨の採用にとって重要な機会です。

最近の議論は、暗号通貨をクロスボーダー決済に使用することに焦点を当てており、国際決済銀行や国際通貨基金などの機関は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を使用したクロスボーダートランザクションのテストを行っています。

2030年までに、CBDCはクロスボーダー決済を大幅に向上させることが期待されており、世界中の取引額は2130億ドルを超えると推定されています。

StatistaとPayments Cards & Mobileのレポートによると、CBDCはクロスボーダー決済を向上させる可能性を持つ開発の1つです。これらのデジタル通貨は、暗号通貨と同様に中央銀行によって作成および発行されます。