シンガポールの中央銀行、資産をトークン化するための相互運用可能なネットワーク設計を提案

シンガポール金融管理局(MAS)は、資産のトークナイズのためのオープンで相互運用可能なネットワークの開発のためのフレームワークを提案しています。中央銀行は、プロジェクトガーディアンと呼ばれる提案の詳細を含む報告書を公表しました。

報告書によると、MASはすでに、複数の資産カテゴリーでトークナイズを開発およびテストする11の組織と協力しています。テストには、外国為替、債券、およびウェルスマネジメント資産クラスが含まれ、いくつかの金融サービス企業が提供するものです。

興味深いことに、MASは、高度に投機的な性格を持つため、ほとんどの暗号通貨にはあまり支援的ではありません。しかし、中央銀行は、デジタル資産の世界から得られる恩恵に興味があると述べています。MASのマーケット開発担当副マネージングディレクターであるLeong Sing Chiong氏によると、「MASは暗号通貨における投機を強く非推奨し、制限することを目指していますが、デジタル資産エコシステムにおける価値創造と効率的な利益の可能性を見出しています。」

最初のテストおよび提案の一部を担当する銀行の一部は、DBS、スタンダードチャータード、シティ、およびHSBCです。スタンダードチャータードは、シンガポール取引所で取引される資産担保トークンを開発するプラットフォームにすでに取り組んでいます。スタンダードチャータードのグローバルトレード・ワーキングキャピタル担当者であるKai Fehr氏は、このパイロットについて語り、「シンガポール取引所とLinklogisとの共同で実施された最初のパイロット取引は、アセットバックトークナイゼーションが、革新的なオリジネイト・トゥ・ディストリビュート構造として妥当であり、投資家がリアルワールドの経済活動に参加するための可能性を示すものであることを証明しました。」と語っています。

シンガポールのトークナイズ資産のフレームワーク、プロジェクトガーディアンの詳細

参加する銀行大手に加えて、MASは、国際決済および市場インフラ委員会(CPMI)の銀行国際決済委員会(BIS)と共に報告書を作成しました。

プロジェクトの一環として、HSBC、Marketnode、およびUOBは、デジタルネイティブ構造化商品の発行に関する技術的なパイロットを終了しました。MASは、このパイロットが、構造化商品チェーンがより迅速な発行および決済を低コストで提供できることを証明したと述べています。

UBS Asset Managementが実施した別のパイロットは、デジタル資産ネットワーク上での可変型株式投資信託(VCC)ファンドの発行に取り組んでいます。このパイロットの目的は、二次市場でVCCファンド株式の取引を改善することです。

さらに、DBS Bank、UBS AG、およびSBI Digital Asset Holdingsは、デジタルボンドによる買い戻し契約に取り組んでいます。これにより、クロスボーダーの配布と決済の柔軟性、効率性、およびスピードが向上します。

シンガポールのCBDCプロジェクト

MASのCBDCに対する一般的な慎重さは、非投機的なデジタル通貨の探求を妨げていません。シンガポールは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に取り組むいくつかの国の一員となり、CBDCプロジェクトの第一フェーズを完了しました。MASは、このプロジェクトを2021年11月に開始しました。

Project Orchidは、シンガポールにおけるCBDCシステムの設計および技術面を調査することを目的としています。中央銀行はまた、既存の支払いフレームワークとの組み合わせでCBDCがどのように機能するかを検討しました。銀行は次のように述べています:

「MASは、現時点ではシンガポールで小売CBDCに対する緊急性がないと判断していますが、MASは継続的な学習を促進し、シンガポールの金融インフラを先進化させることを目指しています。」

MASは、Project Orchidを時間枠を提供せずに「多年度の、多段階の探索的プロジェクト」と呼んでいます。