「米中のAI技術の対立が他の国々に広がる兆候が見られる」

Signs of the spread of the US-China AI technology conflict to other countries are emerging.

高度な人工知能(AI)技術の出現により、アメリカと中国は最強のシステムを開発するための競争で自国の資源を守る必要性を感じています。

米バイデン政権は、中国の半導体、量子コンピューティング、AIへの投資を制限すると発表し、両国の関係は緊張を増しています。

この動きにより、他の国の規制当局も懸念を抱き、イギリスと欧州連合の議員は米国の行動に対する次なる一手を検討しています。

アメリカがAIとその他の技術を守る

8月9日、ホワイトハウスはAI開発に関する2つの大統領覚書を公開しました。最初の覚書では、AIを使用して米国のインフラをサイバーセキュリティの脆弱性から保護するために、ハッカーが報酬を獲得する新しい機会が示されました。

しかし、2つ目の覚書では中国、香港、マカオを「懸念のある国」と定義し、これらの国とセクターへの投資を規制することを述べています。それらのセクターは「懸念のある国の軍事、情報、監視、またはサイバー能力にとって重要な要素」とされており、AIの開発によく使用される半導体、マイクロエレクトロニクス、量子情報技術も含まれています。

覚書には以下のように記載されています。

「これらの国による半導体、マイクロエレクトロニクス、量子情報技術、人工知能能力の急速な進歩は、これらの国の国家安全保障を脅かす活動を実施する能力を大幅に向上させるものである。」

現時点では、覚書には上記の国のみが含まれていますが、バイデン政権の関係者はロイターに対して、将来的に他の国が追加される可能性があると述べました。

アメリカはすでに中国の技術への対外投資を厳しく取り締まっており、中国のアメリカからのサービスや製品へのアクセスも制限しています。

2022年10月、米国の規制当局は中国への半導体チップの輸出を禁止しました。これらのチップは高性能なAIシステムを作るために必要であり、今後さらなる制限が加えられる可能性も示唆されています。

中国が米国との技術対立に応答する

中国は即座にバイデン政権の発表に対し、米国の中国大使館の公式チャンネルを通じて声明を発表しました。

中国外務省の報道官は、米国の中国への投資について「強く非難し、断固として反対する」と述べました。このような動きはビジネスの関与を政治化し、「セキュリティの概念を過剰に拡大している」と述べています。

「これは明白な経済的な強要や技術的ないじめであり、市場経済と公正な競争の原則を重大に侵害する行為である…」

声明はさらに続き、「非グローバル化」であり、中国を舞台から排除しようとする試みであると述べています。

中国は動向を注視し、自国の権利を守るために行動すると述べています。

関連記事:アリババがMetaのLlama 2に対抗するために2つのオープンソースのAIモデルを公開

以前の米国のAI技術制限に対応して、中国はAIチップ製造材料の輸出規制を強化すると発表しました。

ロイターの8月10日の報道によると、百度、バイトダンス、テンセント、アリババなどの中国のインターネット巨大企業は、米国からのさらなる厳しい規制への懸念から、Nvidia A800プロセッサの数十億ドルの発注を行っています。

EUと英国が最近の制限を検討

バイデンの中国に対する行動は、海外の規制当局からの反応を引き起こしました。

8月10日、英国首相リシ・スナクの事務所の報道官は、新しい命令が米国の立場を明確にし、英国は「一部の投資に潜在する国家安全保障リスクを評価し続ける」と述べました。

スナクとバイデンは6月に同盟を強化するための合意に署名し、AIなどの先進技術の分野での連携を深めることを含んでいます。

欧州委員会も同日、米国の決定を分析すると発表しました。

欧州の規制当局はAIセクターの動向を積極的に監視し、その技術の開発と展開に関する法律の提案を最初に行ってきました。

雑誌:中国の危険なビットコイン裁判、火師にトラブルの兆候。アジアエキスプレス