ビットコインウォレットに権利を持たせるべきでしょうか?

この記事は、Hiveonでビットコインマイニングハードウェアのサービスを提供する仮想通貨マイニングエコシステムの「法律未来派」である弁護士、Artem Afian氏によるオピニオンエディトリアルです。

ビットコインのトランザクションは最終的にはウォレット間で行われることに注目したいと思います。ウォレットの背後には人がいますが、この接続は実際には重要ではありません。ビットコインの匿名性は、ウォレットと所有者との間に直接的な接続がないことによるものです。これがビットコインウォレットを他の金融機関と区別するものです。規制当局がこれを変えようとしても、テクノロジーの核心は変わりません。

ということは何を意味するのでしょうか?それは、いずれウォレットが法的権利を持つ実体として認められるようになるということです。

まず、人間は動物の権利を認識し始めました。そして今、ロボットの法的権利について話が出ています。そのうち、ビットコインウォレットの権利も問題になるでしょう。

ロボットの権利について話すとき、通常、人間の意志の模倣を法的に認めるものを参照します。私たちはロボットには人間のような魂がないと理解していますが、同時に、それはかなり複雑な行動を行うため、法的な結果を引き起こします。多くの人にとって、ロボットやビットコインウォレットとは無生物で魂がなく、法的保護に値しないものです。しかし、私たちは企業や法人の権利を認めており、もちろん、それらより魂のない形態を想像することは難しいです。つまり、法の主体は無生物である場合があります。

では、ビットコインウォレットと法的主体の違いは何でしょうか?法的主体は、単に特定の登記簿にあるファイルのセットです。法律家たちは「法的主体の架空の理論」という学説を持っています。私たちは、法的主体がアメリカの法人であることを落ち着いて確認できます。これはすぐに確認できます。しかし、例えばスワジランドの法律に基づいて法的主体が作成されたことを確認する方法はどうでしょうか?私がそれを証明する文書を示しても、あなたに何も伝えることはできないでしょう。つまり、あなたが外国企業と取引していると言った場合、それを信じるしかないでしょう。

それでも、紙上でのみ表示されている法的主体にはいくつかの権利があります。したがって、存在するビットコインウォレットは、多くの法的に保護された主体よりもさらに具体的です。したがって、もう1つの結論:法的主体には権利がありますので、ウォレットにも権利があるかもしれません。法的主体と同様に、ウォレットはトランザクションを行い、法的主体と同様に、所有者を変更できます。この事実は常に変わりません:ロボットや法的主体が法的権利を持つに値するとすれば、ビットコインウォレットも同様です。

私はビットコインがエキサイティングな新しい領域であり、私たちがまだ多くを探求できると思っています。今、ウォレットがいずれ独自の法的権利を持つことになるという私のアイデアは狂ったものに思えるかもしれませんが、私たちにはまだ多くの発見が待っています。

この記事はArtem Afian氏によるゲスト投稿です。ここで表明された意見は、BTC IncまたはBitcoin Magazineの見解を必ずしも反映するものではありません。