「ShopifyがSolanaを使ったUSDCの支払いを受け入れる予定:報道」

Shopify plans to accept USDC payments using Solana Report

電子商取引大手のShopifyは、支払いオプションの一環としてSolana Payを追加し、数百万の店舗がプラットフォームを利用して暗号通貨の取引を受け入れることができるようになりました。最初の対応通貨はUSD Coin(USDC)のステーブルコインです。

TechCrunchによると、Solanaは今後数ヶ月で他のオルトコインもプラットフォームに追加する予定です。これには、ネイティブトークンのSolana(SOL)やミームトークンのBonk Coin(BONK)も含まれます。

Solana LabsのJosh Friedは、デジタルアセットと決済ソリューションの交差点を「暗号通貨のキラーアプリ」と位置付け、”[Everyone] should be doubling down on this.”と述べました。

Friedによると、Solana Payはクレジットカード手数料に比べて取引コストを大幅に削減することができます。ネットワークの平均手数料は取引ごとに0.00025ドルであり、クレジットカード処理の手数料は1.5%から3.5%の範囲です。最近のエポックでは、Solanaのユーザーが平均して0.000009664 SOLの取引手数料を支払いました。

Solanaのユーザーが支払った平均手数料。出典:Solana

Shopifyは、アメリカのすべての電子商取引の10%、つまり世界の電子商取引市場の4440億ドルが自社プラットフォームを通じて行われていると推定しています。同社は徐々にWeb3ソリューションを自社の運営に統合しており、Web3に焦点を当てたストアや暗号通貨ウォレット接続機能のためのブロックチェーン商取引ツールのスイートを提供しています。

Shopifyの取引量はSolanaブロックチェーンの試金石となるでしょう。過去数年間、Solanaは信頼性と稼働時間の問題に直面していました。共同創設者のAnatoly Yakovenkoは、これらの問題をネットワークの低コスト取引に帰すると述べています。

しかし、最近の統計データは、ネットワークのパフォーマンスが向上していることを示しています。最新のパフォーマンスレポートによれば、Solanaは2022年2月25日以来、100%の稼働時間を実現し、19時間近くオフラインになることなく1四半期を記録しています。2月の単一の障害では、ネットワークが約19時間オフラインになりました。

2022年2月に発表されたSolana Payは、デジタルアセットを通じた支払い取引を受け入れて決済するためのピアツーピアの支払いインフラです。このプラットフォームは、Solana Labs、Checkout.com、Circle、CitconとPhantomからのウォレット統合が協力して開発されました。

記事: デポジットリスク:暗号通貨取引所は実際にどのように資金を扱っているのか?