Shiba Inuは、NFTを現実世界のアイテムにリンクする「Shibacals」を発表しましたSHIBは急騰しました

Shiba Inuエコシステムの開発者たちは、Shibariumエコシステムの展開の一環として、現実世界の資産をNFTにリンクさせ、所有権を証明するために使用できるサービスを開発しています。

Shibariumは、メタバースおよび非代替トークン(NFT)アプリケーションに焦点を当てたレイヤー2ブロックチェーンであり、shiba inu(SHIB)、bone(BONE)、およびleash(LEASE)トークンを使用して動作します。開発者たちは、このブロックチェーンが今年後半に稼働すると述べています。

木曜日のアップデートで、リードデベロッパーのショトシ・クサマ氏は、「Shibacals:認証済みコレクティブル」と称されるものが、物理的なアイテムをデジタル的に認証するためにNFCチップを使用すると共有しました。NFC(近距離無線通信)により、デバイス同士が非常に短い距離でワイヤレスでやり取りできます。

たとえば、Shibacalsは、Tシャツなどの現実世界の製品のタグを生成し、そのタグをユーザーのNFTコレクションに紐付けて、Tシャツの所有者とNFTの所有者が同じ人物であることを認証する方法があります。これらのタグは、再販時にブロックチェーンで検証できるため、オリジナル製品とコピー品を区別できます。

「NFTの熱狂は、ブロックチェーン上のデジタルアイテムが提供する検証可能な所有権と希少性の一部に起因しています」とクサマ氏はアップデートで説明しています。「しかし、物理的なオブジェクトはどうでしょうか?大量採用が展開されるにつれて(Shibariumであれば望ましい)、詐欺師たちはウォレットから有形物品に移行し、これらのアイテムをどのように認証しますか?」

記事によると、ShibacalsタグはShibariumエコシステムに限定されず、任意のブロックチェーン上で製品を検証するために使用できます。

アップデート後、Shiba Inuエコシステムのトークンは急上昇しました。CoinGeckoのデータによると、SHIBが11%上昇し、主要トークンの中で最大の利益を記録し、BONEとLEASEはそれぞれ9%、5.5%上昇しました。

編集者:Parikshit Mishra。