SHIB価格、Shiba InuがShibacalsを導入した後に11%以上急騰

現在、Shiba Inuの開発者は、「Shibacals」と呼ばれる興味深い開発に取り組んでおり、現実世界の資産を非代替トークン(NFT)にリンクして所有権を改善することを目的としています。これは、Shibariumの展開の一部です。

Shibariumは、メタバースとNFTアプリケーションに焦点を当てたShiba Inuのレイヤー2のスケーラビリティプラットフォームです。Shibariumは、Shiba Inu SHIBトークン、BONEトークン、LEASHトークンを使用します。開発者は、Shibariumブロックチェーンが今年後半に稼働すると述べています。

6月22日木曜日のアップデートで、Shiba InuのリードデベロッパーのShytoshi Kusama氏は、「Shibacals:認証済みコレクタブル」がNFCチップを使用して物理的なアイテムをデジタル認証することになると述べました。これにより、これらのデジタルコレクタブルの価値をさらに高めることができます。近距離通信(NFC)デバイスは、短い距離上でのワイヤレスインタラクションを促進します。

Shibacalsの使用目的は、リアルワールドの製品にタグを生成し、ユーザーのNFTコレクションに関連付けて、物理製品の所有権を表現することです。転売時には、購入者が元の製品と複製品を区別できるように、これらのタグをブロックチェーンネットワークで検証できます。 Kusama氏はアップデートで、次のように説明しています:

「NFTブームの一因は、ブロックチェーン上のデジタルアイテムが提供する検証可能な所有権と希少性です。しかし、物理的なオブジェクトはどうでしょうか? Shibariumでの大量採用(できれば)とスキャマーがウォレットから有形物へ移行するにつれ、これらのアイテムをどのように認証しますか?」

彼はさらに説明し、Shibacalsタグの使用はShibariumエコシステムに限定されるものではなく、他のどのブロックチェーンでも製品を検証するために使用できると述べています。

SHIB価格が11%上昇、バーンレートが7000%急増

現在の開発に伴い、Shiba Inuのネイティブ暗号通貨であるSHIBの価格が11%急上昇し、現在、1 SHIBあたり$0.00000815で取引されています。最近のSHIB価格の急騰は、広範な暗号通貨市場の急回復やSHIBのバーンレートの急増など、複数の理由に支えられています。

バーンレートは、トークン供給量の急激な減少を反映して、驚異的な6936.88%急増しました。過去24時間だけで、341,504,230 $SHIBトークンが焼却されました。