韓国の独占禁止法監視機関による調査後、K-Popの株価が下落

7月5日(水曜日)、韓国の公正取引委員会が調査を開始したことにより、K-POPエージェンシーの株価が一時的に下落しました。

韓国の地元ニュースメディアであるヨンハップニュースによれば、大手エンターテイメントエージェンシーにおける権力の乱用の疑惑について、韓国の公正取引委員会が調査を開始しました。報道によると、政府機関はSMエンターテイメント、YGエンターテイメント、Hybeのオフィスに「審査官」を派遣しているとのことです。

ヨンハップによれば、これらの企業は、口頭契約ではなく書面での契約を行うべきであるとされる国の「下請け法」に違反しているとされています。さらに、商品やアルバムの製作を遅らせながら支払いを延期しているとも報じられています。

BTSを代表する企業であるHybeは、株価が3%まで下落しました。同様に、もう1つのエンターテイメントエージェンシーであるSMエンターテイメントも株価が2.19%まで低下しました。ただし、水曜日の昼休みまでに両社とも一部の損失を回復することに成功しました。

一方、K-POPガールグループBlackpinkを担当しているYGエンターテイメントの株価は1.49%程度の小幅な減少を示しましたが、後に逆転し2.23%上昇しました。公式の進展はまだ確認されていませんので、ご了承ください。

K-POPエンターテイメントについての詳細

K-POPは、韓国で始まり、現在ではその文化の重要な一部となっている音楽の一種です。ポップ、ヒップホップ、R&B、ロック、ジャズ、ゴスペル、レゲエ、エレクトロニックダンス、フォーク、カントリー、ディスコ、クラシックなど、さまざまなスタイルやジャンルが世界中から取り入れられ、伝統的な韓国の音楽の影響を受けています。2000年代になって国際的な文脈で「K-POP」という言葉が広まりました。

K-POPおよび韓国エンターテイメントETFは、30の株式ポートフォリオから成る投資ファンドです。これらの株式は主に、人気のあるK-POPバンドを管理するエンターテイメントマネジメント会社を代表しています。このETFに含まれる有名なバンドには、BTS、BlackPink、Twiceなどがあります。これらのバンドに関連するエージェンシーはHYBE、YGエンターテイメント、SMエンターテイメントです。

今年の初めに、韓国のK-POPグループであるtripleSが最新アルバム「Assemble」をリリースし、熱心なファンから多くの支持を受けています。このポップグループは24人のメンバーで構成されており、K-POP界での人気は着実に高まっています。