セコイア・キャピタルは、中国ビジネスを分離するための三分割を発表しました

ベンチャーキャピタルファームのセコイアは、アメリカ、中国、およびアジア市場を別々に対応する3つの異なるパートナーシップに分割することを発表しました。

この動きは、同社のバックオフィス機能を分散化することを意図しています。セコイアは、グローバルな金融の複雑さとブランドの混乱が増加していることを理由に、Twitterの投稿で「ローカルファーストのアプローチ」を採用する意向を示しました。

これが私たちがLPと共有したグローバルビジネスのアップデートです。pic.twitter.com/lGHIw1tVE5

— Sequoia Capital (@sequoia) June 6, 2023

この変更により、米国支店は北米を拠点とする事業に重点を置き、第2支店は中国を、第3支店はインドおよびその他のアジア市場を担当します。

セコイアは、資産管理および総資本額で世界最大級のベンチャーキャピタルファームの1つであり、1970年代に注目を集めました。設立後最初の主要投資先は、1975年にAtariに与えられ、わずか3年後の1978年にAppleの初期投資家の1人となりました。

多年にわたり、セコイアは、テックダーリングに投資することに明らかな才能を発揮してきました。そのポートフォリオには、Google、Cisco、Nvidia、YouTube、AirBnB、WhatsApp、Stripe、BitCloutへの初期投資が含まれています。

同社はまた、2021年にFTXに2億1350万ドルを投資し、FTXは収益10億ドルであった年でした。FTXはその後、2022年11月に崩壊し、11月7日から始まる週のピーク週間実現損失総額は90億ドルに達しました。

関連記事:Sequoia Capitalは、21.4億ドルのFTX株式をゼロに下方修正

崩壊にもかかわらず、2023年2月3日に公表された米国証券取引委員会の報告書によると、セコイアは136億ドルの主要ファンドを保有しています。TechCrunchによると、同社はクライアントのポートフォリオを約850億ドルで管理しています。

セコイアの分割は、米中関係が混迷を極めている時期に行われました。米中間の緊張は、米軍が中国の駆逐艦が米国の軍艦を追いかける映像を公開した6月3日以降、高まっています(交通で誰かをカットするのと同じことです)。

昨日、私たちはHMCSモントリオールからの独占映像を撮影しました。中国の軍艦がUSSチャン・フーンをカットオフし、駆逐艦に衝突する150ヤード以内に近づき、モントリオールの司令官は「意図的」かつ「非専門的」と表現しています。 #cdnpoli pic.twitter.com/PaPLSwVNkp

— Mackenzie Gray (@Gray_Mackenzie) June 4, 2023

2023年における一連の接近事故に続いて、米中関係は最近、冷たいと形容されています。米軍当局によると、中国の戦闘機による危険な飛行の一件が含まれた5月の事件は、米国の偵察機が回避行動を取らざるを得なくなる事態を引き起こし、中国当局によると、気象観測気球がモンタナ州上空で発見された2月の事件がありました。

今後、セコイアの米欧アームは引き続きセコイアのバナーの下で運営されますが、インドおよび東南アジアアームは「Peak XV Partners」に再ブランド化されます。同社の中国支店は、中国語名を維持し、英語名は「HongShan」となります。

同社によると、変更は2024年3月31日までに完了する予定です。