上院は、2025年1月まで310兆ドルの米国債務上限を一時停止する法案を承認しました

米上院は、公式債務不履行のわずか数日前に米国の債務上限を引き上げる法案を可決しました。上院の議員たちは、債務上限を引き上げるための両党間の合意を63対36で承認しました。上院の承認は、ジョー・バイデン大統領の承認が最後の障壁となります。

バイデン大統領の予想される署名により、米国は6月5日の債務不履行から救われます。財務省によると、上院がその時までに決定しなかった場合、または法案を拒否した場合、米国は未払いの請求書に苦しむことになるでしょう。

上院の承認前、米国の債務上限は31.4兆ドルでした。ジョー・バイデン大統領の最終的な承認により、政府は2025年1月まで2年間無制限に借入することができるようになります。議会予算局によると、債務上限の合意により、次の10年間で連邦支出が1.5兆ドル減少することになります。

上院の承認は、デフォルトの影響から債務上限の審議を解決するための取り組みの集大成です。財務長官のジャネット・イエレンは、バイデン大統領や議会の他の指導者と同様に、デフォルトは問題があると認めています。国の歴史上初めてのものであるこのデフォルトは、世界の金融市場に大きな影響を与えることになるでしょう。米国では、住宅ローンやクレジットカードの利子が上がり、失業が増えることが予想されます。米国は景気後退に陥る可能性があります。

バイデン大統領は、上院のデフォルト回避の決定を賞賛し、次のように述べています。

「交渉において誰もが望むものをすべて手にするわけではありませんが、間違いなく、この両党間の合意は、私たちの経済とアメリカ人にとって大きな勝利です。」

バイデン大統領は、金曜日に承認を署名し、ET午後7時に国民に向けて演説する予定です。

上院の承認前に米国の債務上限を引き上げる

先週末、バイデン大統領と下院議長ケビン・マッカーシーは、米国の債務上限引き上げ手続きを開始することに合意しました。両者の合意は、数週間にわたる両政治家の補佐官の継続的な協議の結果です。公式な合意に続き、欧州市場は肯定的に反応し、月曜日に高い水準で取引を開始しました。フランスのCAC40やドイツのDAXは、ともに0.5%のプレトレード増加を記録しました。これより前に、ストックス・ヨーロッパ600は8週間ぶりの安値を記録していました。

水曜日、米国下院は債務上限の合意案を可決し、上院に送付しました。投票は、通常は党派的な試みを中止するはずの71人の共和党員からの反対で終わりました。しかし、賛成票を投じた165人の民主党員は、149人の賛成共和党員よりも16票多く、一日を救いました。投票は、下院で314対117で可決されました。

昨日、KocooはブラックロックCEOの債務上限に関する意見を報告しました。ローレンス・フィンク氏によると、米国の債務上限引き上げに伴う「ドラマ」は、ドルに否定的な影響を与えるでしょう。フィンク氏は、政府がドルへの信頼を侵食し、その「準備通貨の地位を危うくしている」と考えています。