セガはGameFi計画を見直し、COOはブロックチェーンゲームを「退屈だ」と評価する:Bloomberg

セガは、かつてGameFiとブロックチェーンベースのゲームに取り組んでいたが、ブルームバーグの報道によれば、このセクターから撤退すると発表しました。

セガの共同COOである内海修司氏は、ブルームバーグに対して、このゲーム業界における技術に対して懸念を抱いており、独自のブロックチェーンゲームの開発計画を中止すると述べました。

「この技術が本当にこの業界で普及するのかを調査しています」と内海氏はブルームバーグのインタビューで語りました。「プレイ・トゥ・アーンゲームのアクションはつまらないです。ゲームが楽しくないのなら、何の意味がありますか?」

セガは以前、一部の有名なゲームと知的財産をブロックチェーンから取り下げると発表していました。ただし、第三者開発者には引き続きブロックチェーンゲームの制作を許可する意向です。昨年、セガは、自社のあまり知られていない知的財産を基にしたブロックチェーンゲームを開発するために、Double Jump Tokyoという開発会社と契約を結んだことを発表しました。

この会社は、ブロックチェーンゲームの魅力に常に慎重でした。最初にこの分野への参入を発表した際、その参入を「単なる金儲けと見なされる場合は撤退する」と前置きしていました。

セガは、アジアを拠点とする暗号通貨ファンドIVCの投資家であり、GameFiプロジェクトへの積極的な投資家でもあります。セガの幹部数名が最近行われたIVCのIVS暗号通貨会議に出席していました。

Parikshit Mishraによる編集。