証券指定:カルダノ、ソラナ、アルゴランドが新たな安値を記録

アメリカ証券取引委員会(SEC)によるBinanceとCoinbaseへの訴訟が、暗号市場全体に広がる波乱を引き起こしました。

規制当局は、法的措置の一環として、19の新しい暗号通貨を証券として特定しました。SECによると、「Coinbaseは、このような暗号資産を投資以外の何かとして扱う者に制限することなく、取引可能にしている。」

証券指定による市場混乱

この分類に続いて、これらのデジタルアセットのいくつかが急落し、史上最低価格に達しました。これらのアセットには、Cardano(ADA)、Solana(SOL)、Algorand(ALGO)、Polygon(MATIC)、Filecoin(FIL)などが含まれます。

CoinGeckoのデータによると、ADAとSOLは価値が大幅に下落しました。各トークンはそれぞれ20%と18%の損失を被りました。投資家が潜在的な規制制限の影響を理解しようと奮闘する中、ALGO、MATIC、FIL、FLOW、BNB、SUI、ARBも価格が下落しました。

訴訟から数日後、暗号トレーダーはCoinGlassのデータによると、流動化によって3億2000万ドル以上を失いました。一方、取引アプリのRobinhoodは、6月27日以降、一部の暗号資産のサポートを中止すると発表しました。

開発会社がトークンの状態を強く主張

SECによるこれらの暗号通貨を証券として指定することで市場は揺らぎましたが、これらのアセットの背後にある開発会社は、規制当局の特定を強く拒否しています。

Cardanoの背後にあるInput Output Globalは、SECの主張を否定しました。同社は次のように述べています。

「ADAは、米国の証券法において決して証券ではありません。」

同様に、Solana FoundationもSOLを証券とする特定を否定しました。同社は、国内での規制の明確化を追求するために規制当局と協力することを強調しました。Polygon Labsも、その取り組みが米国に特化していないことを指摘し、グローバルなコミュニティに言及しました。

これらの明確化に続いて、ADA、SOL、MATICはすべて一部回復し、過去1週間に受けた損失の一部を回収しました。ALGOとFLOWもそれぞれ12.5%、10.5%以上回復し、ホルダーたちの顔を笑顔にしました。アルトコインが苦戦する中、ビットコインも需要が増し、市場支配力を主張しました。