SECが暗号通貨取引所のバイナンスを提訴、米国証券法の違反を主張

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨取引所のBinanceに対して、連邦証券法を違反したとして告訴状を提出しました。

SECは、世界最大の暗号通貨取引プラットフォームであるBinanceが、Binance.comとBinance.USのプラットフォームでアメリカの投資家に不法に暗号資産証券の取引を勧誘したと主張しています。告訴状によれば、Binanceは未登録の証券の提供と販売を行い、操作的取引に関する監視と管理に関する投資家への虚偽の表現を行いました。

SECの主張によれば、Binanceとその子会社であるBAM Tradingは、SECに登録せずに取引所、仲介業者、クリアリング機関として運営していました。委員会はまた、Binanceが自社の暗号資産を未登録で提供し、利益を生むプログラムや投資計画を行ったと主張しています。具体的には、Binanceによって立ち上げられたBNBおよびBUSD暗号資産、BNB VaultおよびSimple Earnプログラム、およびBinance.USプラットフォームで利用可能な「ステーキング」投資計画に焦点を当てています。被告人は、これらの証券やプログラムに関する重要な情報を投資家から隠したと非難されています。

さらに、告訴状は、BinanceとBAM TradingがBinance.USプラットフォームに実装された制御に関して誤った表現を行い、民間投資家から大量の資金を調達したと述べています。SECは、Binanceが登録義務を逃れる計画を実施し、米国の法律と規制を回避したと主張しています。「Zhao自身が認めたように、Binanceはこれらの行為に関して「責任を負うことはしたくない」と考えていました。」と告訴状には説明されています。「Binance CCOが説明したように、「表面上では、米国のユーザーを抱えることはできませんが、他の創造的な手段を通じて取得する必要があります。」」

Binanceは、SECの告訴状に対する回答として、失望を表明し、SECの調査に積極的に協力していることを強調しました。Binanceは、和解に達するための広範な協議を行ったと述べましたが、SECが一方的に行動することを選んだと述べました。同社は、プラットフォームを熱心に擁護する意向を示し、デジタルアセット業界に対するSECの執行手法を批判し、より明確な指針と指導を求めました。また、Binanceは、Binance.USプラットフォーム上のユーザーアセットがリスクにさらされているという主張を否定し、顧客の資金の安全性とセキュリティを保証しました。

SECは、永久的な差止命令、不当に得た利益の返還、民事金銭罰金、および公正な救済など、さまざまな解決策を求めています。