SECがCoinbaseとRippleとの和解の時が来た

SEC ready for settlement with Coinbase and Ripple.

すべての主要な訴訟には、和解する時が来るという瞬間があります。判決が自分たちの思い通りでない、陪審員が弁護団に横目を向けたり、裁判官が和解会議の時を明確に示したりするときです。SEC対Ripple事件でのアナリサ・トーレス裁判官の判決により、アメリカ証券取引委員会はRipple Labsに対する残りの訴訟、およびCoinbaseに対する訴訟を和解する時が来たのです。

SECが暗号通貨に対する攻撃で使用しているのは、SECが1946年のSEC対ハウイ事件で確立した法的なテストに基づき、SECに登録が義務付けられる証券をどのように定義するかという柔軟な法的定義です。SECは歴史の大半で、この手法を経済的な現実性を持たない明らかな詐欺やスキャムに対して使用してきました。SECに対して疑いを持たせる理由がわかるでしょうし、歴史的な詐欺事件の連続においてこのテストをますます柔軟にしたのも理解できます。しかし、この柔軟なテストを正当な暗号通貨プロジェクトに適用することは異なり、結果的に暗号通貨プロジェクトが登録する方法を持たなくなってしまいます。

トーレス裁判官は、XRPトークンの小売投資家への販売がRipple企業の起業努力と必ずしも関連していないと判断し、ハウイテストの要素の一つに合致しなかったと判示しました。これはハウイテストにおける暗号通貨の独特な要素です。投資を興味関連者の起業努力に結びつけることは、トークンが発行者の株式利益を表すものではないため、暗号通貨では難しいでしょう。したがって、暗号トークンの購入者は、従来の企業の株主と同じように新しいブロックチェーンの創設者の努力とは密接に関連していないのです。

関連記事: 最高裁判所がSECの暗号通貨への攻撃を止める可能性がある

これにより、SECに対するCoinbaseの訴訟は逆転していますし、Coinbaseもそれを知っています。トーレス裁判官の判決から数時間後にCoinbaseはXRPトークンの再上場を行い、SECがCoinbaseのプラットフォームでの二次市場を対象にすることを非常に困難にしました。

これらの分析は、最高裁判所が進化する重要な問題理論に基づいて行政機関を制約しようとしていることにより、SECが暗号通貨に対する戦いで直面するであろう困難をさらに探求するものではありません。

SECがRippleの訴訟を第2巡回区に控訴した場合、何が起こるかについて人々は推測しています。みなさん、Rippleが最高裁判所で全面勝訴する可能性もまだあることを忘れないでください。https://t.co/MaWU940Ms1

— BlockProf (@JWVerret) July 14, 2023

SECの最善の手は、Coinbaseと和解し取引をすることです。Coinbaseはすでに1年前にSECに対して規制作成の要請を提出し、暗号資産の適応的な上場プロセスを作成するためのものでした。私はSECの投資家諮問委員会の公聴会の後、約6か月前に同じことを提案しました。その委員会は、暗号トークンは上場プロセスの適応がなければSECに登録することは事実上不可能であると結論付けました。

SECと協力し、暗号通貨の資産上場および開示制度を作り上げるために準備が整った暗号通貨の弁護士は数多く存在します。SECの元職員や大手法律事務所の出身で現在暗号通貨に従事している数百人の証券弁護士が、SECが過去に資産担保証券、マスターリミテッドパートナーシップ、不動産投資信託など他のハイブリッド資産や資産ビークルに対して取り組んできたように、SECのルールを適応する手助けをすることができます。

関連記事: 需要がビットコイン価格を13万ドルに押し上げている

SECの開示規則には、取締役会、役員報酬、株主提案、財務諸表に関する開示要件が多数ありますが、これらは暗号プロジェクトには適していません。今日のエテリアムを「登録」するとしたら、どのような資産と負債がエテリアムに関する文書に記載されるでしょうか?分散化されたエテリアムブロックチェーンを実際に制御しているエンティティは存在しません。そのような点はまったく明確ではありません。

また、暗号資産の買い手が知りたいと思っているようなトークノミクスやブロックチェーンのセキュリティや分散型金融(DeFi)取引の基になるスマートコントラクトの監査など、SECの開示規則では言及されていません。

SECがCoinbaseとRippleとの鶏ゲームを終わらせる必要があるのは、SECが道路から追い出される直前だからです。法の支配と一致するより良い方法があります。SECは暗号通貨の弁護士と協力し、実行可能な暗号資産上場および開示制度を作り上げ、単純な「登録してください」という主張をやめるべきです。この代替アプローチは、暗号通貨の資産買い手をよりよく保護するでしょう。