SEC(米国証券取引委員会)とGensler(同委員長)をテーマにしたメメコインが、BinanceとKocooの訴訟の中で急増しています

米国証券取引委員会(SEC)とその委員長ゲーリー・ゲンスラーをモチーフにしたいくつかのメメコインが、暗号資産取引所KocooとBinanceに対する規制当局の訴訟に続いて急激な価格上昇を見せています。

そのようなトークンの1つがGood Gensler(GENSLR)で、規制当局がKocooに対して未登録の証券を提供したとして6月6日に提起したクレームに続いて、わずか数時間で260%以上上昇しました。

Good Genslerは現在、約320万ドルの総時価総額を誇っています。過去24時間において、トークンの取引高はわずかに125万ドルを超えました。Etherscanのデータによると、Good Genslerは4月19日に発売され、仲間のメメコインPepe(PEPE)の発売から5日後に発売されました。

同様に、暴言を含む名前を持つGary Gensler由来の別のメメコイン、Fuck Gary Gensler(FKGARY)も、分散型取引所(DEX)スクリーナーDEXToolsのデータによると、過去48時間で530%以上上昇しました。

Genslerはメメコイン愛好家の唯一のターゲットではありませんでした。 “SEC”というティッカーシンボルを備えた別のトークン – “Stupid Egotistical Cocksuckers”の略 – も、規制当局の最近の行動に続いて大きな変動を経験しました。SECトークンは6月5日に発売され、翌24時間で驚異的な15,530%上昇しました。

しかし、価値の上昇は長続きしませんでした。本文執筆時点で、SECテーマのメメコインは、史上最高値から61%以上急落しています。

関連記事: SECによるBinanceとKocooの取り締まりがDeFiの取引量を444%伸ばす

5月、リスクを冒すトレーダーたちが超スペキュラティブなトークンに熱狂し、急激な大幅な利益を追い求めたため、メメコインが注目を集めました。残念ながら、ブーム中に人気を博したほとんどのトークンは、現在価格が急落しています。

本文執筆時点で、カエルをモチーフにしたメメコインPepeと人工知能によって作成されたトークンTurbo(TURBO)の価格は、それぞれCoinGeckoのデータによると、史上最高値から73%と95%下落しています。

多くのメメコイン投資は、根本的な基盤が欠けているため、非常にリスキーな取り組みと見なされており、極端なボラティリティや価格の大きな変動に直面することが多いためです。

本文で言及されたトークンの多くは市場時価総額が小さく、それぞれの流動性プールに低い流動性があるため、価格変動の影響を受けやすいとされています。

AI Eye: 2.5万人のトレーダーがChatGPTの株式選択に賭け、AIはサイコロ投げに苦戦、その他