SEC、リップル対SEC事件中に元ディレクターHinmanの略歴を削除

米国証券取引委員会(SEC)は、Ripple Labsに対する訴訟の中で、Hinman元委員のすべてのメールの編集されていないコピーを提供するように財務監視機関に求められる8日前に、Hinman元委員の伝記をウェブサイトから削除しました。

これまで、SECのウェブサイトには、Hinman元委員の雇用経歴、役割、委員会へのアドバイザリーなどに関する重要な情報が含まれていました。しかし、更新された伝記では、彼の名前、写真、および2017年5月から2020年12月までの法人金融部門のディレクターとしての前職のみが紹介されています。

TwitterユーザーであるMr. Huberによると、彼のソーシャルメディアプラットフォームでのHinman元委員の改訂版の伝記について、SECは彼を切り捨てるつもりかもしれないとのことです。

The @SECGov has now removed Bill Hinman’s biography from its website. Getting ready to throw him under the bus. pic.twitter.com/O7HCUGWSgt

— Mr. Huber🔥🦅🔥 (@Leerzeit) June 5, 2023

Hinman氏のスピーチがRipple対SEC事件で決定的な要因になる可能性がある

2020年にSECを退職したHinman元委員は、委員会がRipple Labsを訴えた同じ月に機関を離れました。SECは、未登録のトークンXRPを販売することによって連邦証券規則を違反したとしてRippleを訴えました。

Hinman元委員は、2018年に行ったスピーチで、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は証券ではなく、そう分類すべきではないと述べ、注目を集めました。しかし、彼はEtherと同様に配布されるXRPの法的地位については言及しませんでした。

XRPの法的分類が不明確なため、RippleやSECの批評家は、ETHがXRPよりも有利な扱いを受けたかどうかを確認するために、スピーチに関する内部トランスクリプトや議論を長年求めてきました。

昨年、金融企業はHinman元委員のスピーチ文書を入手しましたが、その内容は当時機密に保たれていました。

最近、裁判所はSECに対し、Hinman元委員のすべてのメール通信と2018年のスピーチの草稿を提出するよう命じました。裁判官アナリサ・トーレスは、2023年6月13日にSECとRippleがHinman元委員のメールとその他のサマリー判決資料を公開するよう命じました。

暗号通貨愛好家は、メールが規制当局とRippleの継続的な裁判闘争のスモーキングガンになる可能性があると考えています。

一方、Ripple対SEC事件は、仮想資産を米国で証券として分類するための明確さと法的先例を求める米国の仮想通貨産業に大きな影響を与えています。

両者は2022年12月にサマリー判決を申請し、結論が近づいている可能性が高まっています。