「SEC、インベスコ・ギャラクシーのイーサリアムETFの決定を2024年2月まで延期」

「2024年2月までインベスコ・ギャラクシーのイーサリアムETFの決定を延期する、SECの発表」

出典:DALL·E

アメリカの証券取引委員会(SEC)は、Invesco Galaxyの現物イーサリアム上場投資信託(ETF)の申請について、決定を延期し、新しい決定は2024年に行われる予定です。

SECの最新の提出によると、当初の予定日である2023年12月23日に予想されていた決定は、提案内容を詳しく検討するためにより多くの時間を与えるために延期されました。新しい締切日は2024年2月6日です。

「提案されたルール改正を検討し、それに関連する問題を考慮するために、より長い期間を指定することが適切であるとSECは判断しました」とSECは提出書で述べています。

SECは新しい締切日を「提案されたルール改正を承認するか、拒否するか、拒否を決定するために手続きを開始するかを決定する予定の日」として指定しています。

イーサリアムETF申請のトレンド

9月に、InvescoとGalaxy Digitalは現物イーサリアムETFの申請書を提出しました。 S-1登録声明書によれば、彼らのETFは「イーサリアム現物価格のパフォーマンスを反映する」ことを目指して、別の信託銀行でイーサリアムのユニットを保有することを目指しています。

現在、ブラックロック、ARKFidelityVanEck、およびHashdexを含む主要な金融機関が、SECに対して現物イーサリアムETFの申請を提出しており、すべて最終決定を待っています。

SECが主要なビットコインETF発行会社と会議を開催

最近の提出書によると、SECはブラックロック、グレースケール、フランクリン、およびFidelityを含む主要なビットコインETF発行会社と会議を開催しています。 Bloomberg IntelligenceのETFアナリストであるJames Seyffartによれば、これらの会議は現物ビットコインETFの承認についての議論に新たな勢いをもたらしています。

SECがブラックロックの申請について1月中旬までに判断する予定であるため、これらの会議は重要です。繰り返される関与や申請への戦略的修正(ブラックロックが新しいファンド株のキャッシュ購入を含めた)は、規制当局の期待に合わせるための綿密な努力の反映です。

Seyffartは、SECは競争相手との公平な競争環境を確保するために、複数の申請に対して同時に承認を検討する可能性があると提案しています。SECの審査プロセスが続く中、暗号通貨コミュニティは暗号通貨の歴史上の画期的な決定を待ち望んでいます。