SECのゲンスラー議長は、グレースケールの損失後のBitcoin ETFに関して次に何が起こるかを明言しません

「SECのゲンスラー議長、グレースケールの損失後のBitcoin ETFについての次の展開について明言せず」

米国証券取引委員会(SEC)の議長であるゲイリー・ゲンスラー氏は、水曜日にスポットビットコインETF(上場投資信託)に関する同機関の計画の一部を明示することを辞退しました。しかし、グレイスケール・インベストメンツの申請に対する異議を消去するように裁判所が要求した後、SECは今後の対応策を決定する必要があります。

「それらはスタッフの前にあるものです」と彼は、ワシントンで開催された証券執行フォーラムのイベントでCoinDeskからの質問に対して答えました。彼はスタッフが5人委員会に勧告する前に、状況を予め判断せずに「展開させる」と述べました。

タイミングや申請の審査順序についての示唆を求められたとき、ゲンスラー氏は遠慮しました。

グレイスケールと業界全体は今、SECが審査対象のスポットETFの申請にどのように取り組むかを待っています。FidelityやBlackRockなどの主要な金融企業も同様です。GrayscaleはCoinDeskの親会社であるデジタル・カレンシー・グループの所有です。

ゲンスラー議長は水曜日に、彼の機関が仮想通貨企業に対して進めている他の裁判についてコメントすることも辞退しました。

「私はそれぞれの仮想通貨取引所の裁判をそのままにしておきます。それらは裁判官の前にあり、どこで解決されるかは自分で解決します」と彼は述べました。

議長はエンフォーズメントについてのスピーチをするためにこのイベントに参加しました。そして、彼の発言は、頻繁に繰り返されるフレーズで述べられるように、非常に優位でない非遵守状態が “蔓延している” とする仮想通貨業界に対する批判で大いに織り込まれていました。質疑応答の時間になると、司会者はそのトピックで始め、ゲンスラー氏は相対的な規模にもかかわらず、仮想通貨がいかに多くの関心を集めているかについて述べました。

「私たちの資本市場は110兆ドルです」と彼は言いました。「世界中の仮想通貨は1兆ドルかもしれませんが、アメリカではそれ以下です。だから、それだけでアメリカの資本市場の1%未満ですよ」。

イベントの控室のホールでは、ゲンスラー氏がFTXの崩壊に関する最近の本「Number Go Up」の著者であるジーク・フォーク氏とおしゃべりをしていました。フォーク氏は、一般的な仮想通貨界のジョークとして “Have fun staying poor”(貧乏人で楽しんでね)というメッセージをゲンスラー氏のコピーに記入しました。

UPDATE(2023年10月25日、18:43 UTC):ゲンスラー氏のコメントを追加