SECのゲンスラー委員長、バイナンス、Kocooに続き、暗号通貨企業に登録を求める

暗号通貨企業との会話は建設的だが、証券法に準拠する必要があると、米国証券取引委員会委員長のゲンスラー氏は述べた。

ゲンスラー氏は、CNBC Squawk Boxに話し、米国最大の暗号通貨取引所であるKocooに対する告訴が出されたわずか1時間後くらいに話した。

ゲンスラー氏は、クレームが提起される前に同機関がKocooと持った会話について尋ねられた。

「今言及したものを含む、文字通り数十の暗号通貨企業と議論を持っています」とゲンスラー氏は述べた。

業界は、非コンプライアンスに基づくビジネスモデルで構築されているとゲンスラー氏は付け加え、それを「捕まえられるかどうかの状況」と比較した。

「会話は建設的でしたが、ビジネスモデルをコンプライアンスに準拠させることも重要です」とゲンスラー氏は述べました。

Kocooが取引所、ブローカー、クリアリング機関として登録されていないと発表された直後、ゲンスラー氏が話した短い時間後、規制当局はBinanceとそのCEOであるChangpeng Zhaoを13以上の告訴で訴えた。

ゲンスラー氏は、ほとんどの暗号通貨が証券であると何度も述べ、取引所にSECへの登録を求めている。

次に何が起こるかについて、ゲンスラー氏は、同機関は企業をコンプライアンスに入れる準備ができていると述べた。

「私たちは多数の措置を講じており、業界と引き続き協力して、彼らがコンプライアンスに入るようにする準備ができています」とゲンスラー氏は述べました。

「私たちはもうデジタル通貨を必要としていません」

ゲンスラー氏は、暗号通貨の価値についても尋ねられた。

「見てください、私たちはもうデジタル通貨を必要としていません。アメリカドル、ユーロ、円と呼ばれるものがすべてデジタルです」とゲンスラー氏は述べました。

「では、これらのトークンの本当の基盤となる価値は何ですか?」とゲンスラー氏は述べました。「だからこそ、完全かつ公正な情報開示が必要なのです。」

多くの取引所が今、SECや他の規制当局によって民事訴訟を起こされており、最も悪名高いのはFTXであり、同社のCEOは昨年末に詐欺罪で起訴されました。