SECが初めてレバレッジビットコイン先物ETFを承認

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、初めてのレバレッジビットコイン先物取引所上場ファンド(ETF)である、Volatility Shares 2x Bitcoin Strategy(BITX)の承認を受けました。BITXは、6月27日火曜日にシカゴ・ボード・オプションズ・エクスチェンジ(CBOE)BZX取引所で開始されます。

ETFは株式のように取引され、購入と売却が同じ日に何度も行われるため価格が頻繁に変動します。ビットコインETFには、ビットコイン先物とビットコイン現物価格の2つの主要なタイプがあります。先物ETFの承認により、実際の資産に投資せずに投資家にビットコインを公開することができます。

暗号通貨業界の多くの人々は、導入に喜んでいるものの、承認の順序について懸念を抱いています。従来の現物ETFの前にBITXのようなレバレッジ先物商品が導入される理由について疑問を呈しています。

ETF Storeの社長であるNate Geraciは、現物ETFが優先すべきだったと考える人の一人です。彼は、以下のようにツイートしてこの発表について意見を表明しました。

5年または10年後にビットコインETFの物語を振り返ると、これは最もばかげた側面の1つになるだろう…

シンプルな現物ETFの前に2倍レバレッジ先物商品が立ち上がっている。

ワイルド。

—Nate Geraci(@NateGeraci)2023年6月23日

レバレッジETFであるBITXは、レバレッジをかけることで投資家が利益を2倍速く増やすことができるということを意味します。一方、市場が不利な状況の場合、投資家がお金を失う可能性も2倍になります。そのため、より多くの利益を提供する一方で、損失の可能性も高くなります。

SECは、レバレッジ商品取引に伴うリスクについて以下のように述べています。

「このファンドは、他のタイプのファンドと異なるリスクがあります。ファンドのパフォーマンスに複合効果がある2倍の日次レバレッジ(2倍)投資結果を求める経験豊富な投資家にのみ使用されるべきであり、すべての投資家に適していません。」

BITXの承認は暗号通貨産業にとって朗報です

SECが暗号通貨企業、特にBinanceやCoinbaseへの訴訟を起こしていることから、同委員会の議長であるGary Genslerが暗号通貨に批判的であると結論づけることができます。ただし、最近のアップデートは、規制当局が暗号通貨をどのように見ているかについて他の視点を提供する可能性があります。

BloombergのシニアETFアナリストであるEric Balchunasは、以下のようにツイートして考えを表明しました。

2倍ビットコインETF $BITXが有効になり、火曜日に開始予定です。私はそれが実現するか疑っていましたが、公式のようです。これはSECが緩和し始めた兆候かもしれませんか? $BITOの発売後、私は以前の2倍ファイラーに撤回を要求したと思います。

承認により、投資家が業界をより好意的に見る可能性があり、市場がより不安定になる可能性があります。SECが暗号通貨をどのように見ているかを結論づけるにはまだ早いかもしれませんが、このニュースは暗号通貨産業にとって正しい方向に進んでいると言えます。

BITXニュースリリース後にBTC価格が急騰

ニュースはビットコインの価格に影響を与え、6月23日金曜日に公開された直後に$31,450に急騰しました。この数字は、過去1年間で最高値を示しています。前日の$29,890の終値から5%上昇しています。急激な価格上昇は、投資家の暗号通貨に対する信頼を示し、市場がニュースを歓迎したことを示しています。